ここから本文です

開幕4連敗のバレンシアが昨季以降で3人目の監督解任 後任に前インテル指揮官マンチーニ浮上

Football ZONE web 9月21日(水)9時20分配信

迷走する名門がアジェスタラン監督の解任を発表

 開幕からリーグ戦4連敗と大不振が続いているスペインの強豪バレンシアは、現地時間20日にクラブ公式サイトでパコ・アジェスタラン監督の解任を発表した。

歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 昨季はヌノ・エスピリト・サント元監督、ガリー・ネビル前監督を次々と解任した。そして、4月に就任したアジェスタラン監督と2018年6月まで契約を延長していたが、今季は開幕から4連敗。4試合で10失点と守備陣も崩壊し、クラブ側が早くも手を打った格好だ。

 そして、イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では、後任に前インテル監督のロベルト・マンチーニ氏が浮上していると報じている。マンチーニ氏は今年8月に、中国資本に株式約70%を売却したクラブの新首脳陣と対立し、リーグ開幕まで2週間を切った段階で事実上の解任とされる契約解除となっていた。

 いずれにせよ、バレンシアはこれで2シーズンで3人目の監督解任となった。迷走を続ける名門を、仮に就任となればスペインでは初采配となるマンチーニ氏が立て直しに動くことになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月21日(水)9時20分

Football ZONE web

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。