ここから本文です

エドワード・ヤン『クーリンチェ少年殺人事件』リマスター版公開へ 東京国際映画祭プレミア上映も

リアルサウンド 9/21(水) 11:00配信

 『クーリンチェ少年殺人事件』のデジタル・リマスター版が、10月25日より開催される第29回東京国際映画祭<ワールド・フォーカス部門>でプレミア上映されることが決定。また、2017年には劇場公開されることも決定した。

 本作は、『恐怖分子』『ヤンヤン 夏の思い出』のエドワード・ヤン監督が1991年に発表した青春映画。1960年代の台湾・台北を舞台に、不良グループ同士の抗争や、夜間中学に通うスーと少女ミンとの恋模様などを描き出す。『レッドクリフ』シリーズ、『黒衣の刺客』のチャン・チェンが主人公のスー役を演じている。

 BBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」には台湾映画として唯一選ばれ、2015年に釜山映画祭が選出した「アジア映画ベスト100本」では第7位に選出されるなど、世界各国で高く評価されながら、日本では初上映以来25年間、観る機会がほとんどなかった。今回のデジタル・リマスター版の上映時間は3時間56分に及ぶ。なお、第29回東京国際映画祭でのプレミア上映は、1991年の発表から25年を記念したもので、劇場公開される2017年は、ヤン監督の生誕70年、没後10年の節目となる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/21(水) 11:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。