ここから本文です

テイラー・スウィフトの元カレが発表した“未練曲”が話題に

女性自身 9/21(水) 13:55配信

人気ポップ歌手テイラー・スウィフト(26)の元カレで、“世界でもっとも稼ぐDJ”のひとりとして知られるスコットランド出身のDJカルヴィン・ハリス(32)が、現地今月15日、新曲「My way」を発表した。

大物アーティスト同士の“ビッグカップル”だった2人の破局が報じられたのは今年6月。破局後わずか2週間で“新カレ”俳優トム・ヒドルストン(35)と交際をはじめたテイラーは、インスタグラムにアップしていたカルヴィンとの2ショットをことごとく削除。カルヴィンもテイラーのツイッターアカウントをアンフォロー(フォロー外し)するなど、SNS上で2人の騒動は“泥沼化”していた。

それから3カ月、カルヴィンが発表した「My way」は「君は僕の人生にとってたったひとりの存在だったのに」というような内容の歌詞が含まれている。これがテイラーとの関係を暗示した“未練タラタラ”なものではないかと憶測が飛び交っているのだ。

こういった憶測に対してカルヴィンは出演したラジオ番組で「まず最初にメロディが浮かんできて、それに言葉をあてはめていっただけだよ。どの曲もそうやって作っている」と回答した。

新曲「My way」は、DJとしては“めずらしく”カルヴィン本人がヴォーカルとして参加。“恋多き女”と別れた彼の胸中はいかに……。なお、YouTube内で公式に公開された「My way」のリリックビデオは現在コメントができないようになっている。

最終更新:9/21(水) 13:55

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。