ここから本文です

香川、ライバルの活躍尻目にベンチ止まり「今は我慢」「次のチャンスをものにしたい」

フットボールチャンネル 9/21(水) 7:50配信

 現地時間20日にブンデスリーガ第4節が行われ、ドルトムントはヴォルフスブルクと対戦し5-1の大勝をおさめた。この試合で日本代表MF香川真司はベンチ入りしたものの出場はしていない。試合後にベンチから試合を見ていて感じたことについて語った。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 まず、大量得点したドルトムントについては「良いゲームでしたし、スタートが良かったです」と語り、勝利したチームを祝福している。そして、ゴールを決める活躍を見せた絶好調のラファエル・ゲレイロに関しては「左サイド全般のポジションができることを証明しつつあるので、やはりすごく良い選手だと思います」と、ライバルの活躍に言及した。

 続けて「そういう意味では今は我慢」とし、「本当に良い競争じゃないですかね」と、激化するポジション争いを歓迎するようなコメントを残している。その一方で「試合に出れたら出るにこしたことはないですし、悔しさはありますけど。もちろん、まだシーズンは長いし、これからどう巻き返すかだと思います」と、ベンチスタートが続く現状に悔しさを滲ませた。

 そして、今後に関しては「本当に試合をやるだけなので、しっかりと次のチャンスをものにしてやっていきたいと思います」と、次の試合に向けて意気込みを語っている。

(取材:本田千尋)

フットボールチャンネル

最終更新:9/21(水) 8:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。