ここから本文です

レスター撃破の立役者セスクが報道に憤怒 「たわ言を抜かし続ける記者や新聞が黙ることを祈る」

Football ZONE web 9/21(水) 12:00配信

新体制下で久しぶりに出場機会を得たセスク。2得点1アシストと勝利に貢献

 去就問題が浮上しているチェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、20日のリーグカップ、レスター戦で2得点1アシストの活躍を見せて4-2と逆転勝利の立役者になった。チェルシーでの戦力外危機報道をはじめ、ユベントスなどが候補先に挙がる来年1月の移籍問題に注目が集まる現状に、セスクは「たわ言を抜かし続ける記者や新聞が黙ることを祈っている」と怒りを爆発させた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 日本代表FW岡崎慎司の2ゴールで優位に立ったレスター相手に逆転勝利を収めたチェルシー。歓喜の余韻に沸く敵地キングパワースタジアムで、DFギャリー・ケイヒルとともに英衛星放送局「スカイ・スポーツ」のヒーローインタビーに応じたセスクは、延長までもつれ込んだ120分間の激闘を振り返った。

 「とりあえず先発できて嬉しかったよ」と冗談交じりに切り出したプレーメーカーは「正直いいプレーができた。相手はカウンターが危険なチームだと分かっていた。彼らはそれを証明したが、偉大な個性を自分たちは見せつけた。今季はこのまま示し続けるだろうと思う」と語った。

 今季開幕前からアントニオ・コンテ新監督の下で出場機会を失ったセスクは、リーグ戦で出場機会をなかなか得られていないが、ようやくリーグカップで出場機会を与えられると、昨季リーグ王者撃破の立役者となった。チェルシーからの戦力外と移籍報道が相次ぐ現状に、セスクは怒りを露わにしている。

結果を残して“雑音”の鎮静化を図る

「これで2、3人のジャーナリストと新聞……2、3の何でもいいけど黙ることを祈っている。彼らは常にたわ言を抜かし続けている。重要なことはチェルシーが勝つことなんだ」

 ユベントス、ACミラン、インテルというイタリア行きの可能性がしきりに報じられるなか、苛立つセスクは結果を残して“雑音”の鎮静化を祈った。

 限られたプレー機会で力を見せつけたセスクは定位置を奪回し、自身の去就報道を封じ込めることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/21(水) 12:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。