ここから本文です

物議呼ぶネイマールの挑発プレーを指揮官は擁護「ルールが認めている」

フットボールチャンネル 9/21(水) 7:50配信

 バルセロナのルイス・エンリケ監督は、相手に敬意を欠いたプレーをしたという議論を集めているネイマールについて、彼を擁護している。20日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 アトレティコ・マドリーとの直接対決を控えた前日会見に臨んだルイス・エンリケ監督だが、前節のレガネス戦で、後半4-0と大量リードした状況でネイマールが、足裏を使い相手を愚弄したテクニックを披露したという論争についての質問が投げかけられた。

 これに対し、同監督は「ネイマールは自分のスタイルを持っている。彼はサッカーがスペクタクルであると理解しており、我々はそれを楽しんでいる」と述べ、「ルールも許しているし、今や彼のプレースタイルに誰も驚かないだろう。これがいけないなら、ルールがこうしたプレーを禁じていないことに対しても非難されるべきであろう」とネイマールを擁護する。

 このプレーにはバルセロナOBのミカエル・ラウドルップ氏も「なぜ、自陣で足裏を使ったプレーをするのだ。パスを出して動けばいいのだ。4-0という状況でやるべきプレーではない」と批判の声をあげ、波紋を呼んでいた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/21(水) 20:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。