ここから本文です

人気シリーズ第5弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、公開日が2017年7月1日に決定

リアルサウンド 9/21(水) 12:00配信

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作「Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales」が、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の邦題で、2017年7月1日に公開されることが決定した。

 本作は、海賊船ブラック・パール号の船長にして、決して北を指さないコンパスを持つ伝説の海賊ジャック・スパロウの活躍を描いた冒険ファンタジーのシリーズ第5作。

 主人公ジャック・スパロウ役のジョニー・デップ、カスピ海の王として知られる海賊ヘクター・バルボッサ役のジェフリー・ラッシュ、自らが海賊の息子だということを知らずに幼少時代を過ごしたウィル・ターナー役のオーランド・ブルームらが続投するほか、全海賊の滅亡を謀る“海の死神”サラザール役を『ノーカントリー』のハビエル・バルデムが演じる。そのほか、『キング・オブ・エジプト』のブレントン・スウェイツ、『メイズ・ランナー』シリーズのカヤ・スコデラーリオらが新たに参加する。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/21(水) 12:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。