ここから本文です

「いつか戻るという確信を持ってスペインを去った」GKクルトワが告白

フットボールチャンネル 9/21(水) 8:30配信

 チェルシーのGKティボー・クルトワは、かつて3シーズンを過ごしたスペインが「今でも恋しい」という想いを隠さず語っている。20日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 2011年夏、19歳でアトレティコ・マドリーに加入したクルトワ。その後の3シーズンで2度のサモラ賞(リーガで最小平均失点GKに贈られる賞)を獲得するなど大活躍を見せ、2014年夏にチェルシーへと移籍した。

 マルカ紙のインタビューに答えたクルトワは「スペインが恋しいね。クラブだけでなく、町、国そのものが恋しい。人々、生活様式、食事、、、最初の1分でこの国に恋をしたんだ。今でも夕食を遅くとる習慣があるし、一番見るテレビもスペインの番組なんだ」と打ち明ける。

 気になるスペイン復帰については「スペインを去る時に、いつかまたここに帰ってくるという確信を持って去った。チェルシーとの契約は3年以上ある。2018年には最終年になるから、その時に更新するか、チェルシーを去るかを考える」と述べる。

 「アトレティコでは、ひとつのチームになることの重要さを学んだ」と語るクルトワ。24歳の若さながら、すでにクラブシーン、ベルギー代表で十分な経験を持つ世界屈指の守護神へと成長した。自身の言葉どおりに、またそのプレーをスペインで見られる日は来るのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/21(水) 8:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)