ここから本文です

マンUに総額158億円の“出戻りボランチコンビ”が誕生!? 岡崎の同僚MFがポグバ新相棒に浮上

Football ZONE web 9/21(水) 15:18配信

1月の移籍市場でドリンクウォーター獲得に動くと、英紙報じる

 マンチェスター・ユナイテッドの新戦力候補に、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティのイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターが急浮上している。英紙「ザ・サン」が、1月の獲得の可能性を報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ドリンクウォーターは昨季、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(現チェルシー)と不動のコンビを築き、レスターのプレミアリーグ初優勝を支えたセンターハーフ。一気に評価を高めてイングランド代表デビューも果たした。

 マンチェスター出身で、9歳でユナイテッドのアカデミーに加入。しかし、トップチームでは出番が訪れずにイングランドの中小クラブへの移籍を繰り返すと、2012年にレスターに加入した。2部時代から活躍し、プレミアの頂点まで上り詰めた。

 今夏にはトットナムへの移籍も取り沙汰された26歳のダイナモに、古巣復帰のプランが浮上している。レポートによれば、ユナイテッドはドリンクウォーター獲得のために移籍金3000万ポンド(約40億円)を用意し、1月の電撃補強を望んでいるという。

 ジョゼ・モウリーニョ監督の下、今季のユナイテッドの中盤センターでは、フットボール史上最高額となる8900万ポンド(約118億円)で獲得したフランス代表ポール・ポグバとベルギー代表MFマルアン・フェライニがコンビを組んでいる。ポグバ中心のチームを構築する上では、フェライニは相棒としてふさわしくないと考えられているため、ドリンクウォーターに白羽の矢が立った格好だ。

週給800万円アップの好条件を準備か

 8月にレスターとの新契約にサインし、2021年までの契約延長を果たした。しかし、そこは圧倒的な資金力を誇るユナイテッド。昇給を果たしたばかりのドリンクウォーターだが、移籍が実現すれば週給は現在の9万ポンド(約1200万円)から15万ポンド(約2000万円)にまでジャンプアップすると見られている。金額面での交渉となれば、レスターに勝ち目はない。

 カンテに続き、昨季「ミラクル・レスター」の要だったドリンクウォーターまでも引き抜かれてしまうのだろうか。ユナイテッドにとっては、ポグバに続いて完全移籍で放出した選手の“出戻り移籍”に大金を投じることになるだけに、今後の動向が注目される。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/21(水) 15:18

Football ZONE web