ここから本文です

「ヤポンスキー・メッシの異名を持つ神童」 “2戦4発”で世界に轟く久保建英の知名度

Football ZONE web 9月21日(水)16時51分配信

チェコメディアが「バルセロナが日本サッカーの天才児に再び惹きつけられる」と特集

 インドで行われているAFCU-16選手権で2戦4発と別次元の活躍を見せているFW久保建英(FC東京U-18)は、15歳にしてすでにワールドワイドの知名度を誇っている。昨年までバルセロナ下部組織に所属していた若武者のバルサ凱旋の可能性について、チェコメディアは「ヤポンスキー(日本の)メッシ」とレポートするなど、天才児の名前は世界中に轟こうとしている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 「バルセロナが日本サッカーの天才児に再び惹きつけられる」と特集したのは、チェコのフットボール専門メディア「eフトバル」だ。

「ヤポンスキー・メッシ(日本のメッシ)の異名を持つ15歳の少年は昨年、カタルーニャの巨人が移籍市場で補強禁止令を受けて母国に帰る決断を下した」

 現在、FC東京の下部組織とU-16日本代表でプレーする現状を伝える一方、バルサへの将来的な復帰の可能性をレポートしている。

「バルセロナの首脳は現在、かつての大陸に将来有望の若者を凱旋させるために、家族との会談を再開させている。すべての合意事項は日本サッカー界の神童が18歳の誕生日を迎えてからになるだろう」

 インドの地でアジアのライバル国相手に中学生離れした芸術的FKを決めるなど極上の輝きを放つ「ヤポンスキー・メッシ」は、世界中にその存在感を示している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月21日(水)16時51分

Football ZONE web