ここから本文です

ジダン、リーガ連勝新記録に王手も「まだ何も勝ち獲っていない」

フットボールチャンネル 9/21(水) 9:00配信

 現在リーガエスパニョーラで16連勝中のレアル・マドリー。それでもジネディーヌ・ジダン監督は「まだ何も勝ち獲っていない」と慎重な姿勢を見せる。20日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 リーガ新記録の17連勝がかかるビジャレアル戦に臨むジダン監督は、会見の場で「我々は何も勝ち取っていない。記録は素晴らしいものだ。これを積み重ね続けていきたい」と述べ、「我々は練習し、プレーし、勝利したいのだ。とにかくまだ何も勝ち獲っていない。今は全てが良く見えるだろうが、そうしたものは存在しない。1日1日を考えている。いい試合をするための準備以外は何も考えていない」と語っている。

 今節は、バルセロナとアトレティコ・マドリーのライバル同士の直接対決もあるが、「我々の試合開始の方が早いので、まずは我々自身がどうするかが先だ。どちらが勝とうと同じことだ。両チームとも強い。だが、まずは我々自身のことについて考えなければならない。それだけだ」と述べている。

 また、前節は欠場した、クリスティアーノ・ロナウドとガレス・ベイルの両選手については「彼らは練習も通常通りにこなしており、いい状態だ。2人とも100%だ」とコメントした。

フットボールチャンネル

最終更新:9/21(水) 9:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。