ここから本文です

「練習場だけのサムライ」とばっさり ラツィオ戦不発の本田にイタリア地元紙が辛辣な皮肉

Football ZONE web 9月21日(水)21時20分配信

今季二度目のチャンスを与えられた本田は、「わずかに良いプレー」を見せたのみ

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は20日の第5節、本拠地ラツィオ戦で後半37分から途中出場したが、目に見える結果は残せなかった。今季リーグ戦は5試合で先発落ちとなり、出場時間はわずか19分間。ベンチ要員となっている背番号10に対し、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「練習場だけのサムライ」とばっさり切り捨てている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ラツィオ戦では、2-0とミランリードで迎えた後半37分にようやく出番が訪れた。第3節のウディネーゼ戦で11分間プレーした背番号10は今季二度目のチャンスを与えられ、右ウイングに入った。

 しかし、同紙は出場時間の短かった本田を採点なしとしている。昨季はバランサーとして攻守の泥仕事をこなし、その献身性から「サムライ」と呼ばれることもあった本田だが、現在の苦境を寸評でこう記されている。

「ミラネッロ(練習場)だけのサムライは、どんなに厳しいことか。選手年鑑で順列を変えようと、またわずかに良いプレーがあった程度だった」

サンシーロのサムライと呼ばれる日は来るか

 サンシーロのピッチで輝けない本田は、「練習場のサムライ」という皮肉めいた表現で伝えられている。後半42分には2トップの一角でプレー。アディショナルタイムにはハーフウェーライン付近でボールを受けると、相手2人をかわしてドリブルで突進。MFユライ・クツカにラストパスを送ったが、シュートにはつながらなかった。

 このプレーが「わずかに良いプレー」と評価されたのだろうか。この直後に本田は右足でシュートを狙ったが、ボールはゴールの遥か上を通過し、スタンドに吸い込まれた。

 試合はカルロス・バッカ、エムベイェ・ニアングがゴールを決めて、ミランが2-0と勝利した。リードを守って逃げ切るという最低限のタスクをこなした背番号10だが、「サンシーロのサムライ」と呼ばれる日が来るのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月21日(水)21時20分

Football ZONE web