ここから本文です

本田、途中出場するも欠如していた攻撃の精度。アピールしたければ“違いを生む”プレーを

フットボールチャンネル 9月21日(水)11時1分配信

ミランは現地時間20日のミッドウィークにセリエA第5節でラツィオと対戦し、2-0の勝利を収めた。日本代表の本田圭佑は2点目が決まった後の試合終盤に投入され、今季2試合目の出場を果たした。しかしその後は得点に絡むことはできず、勝利に貢献したとは言い難い。よりアピールをしたければ、攻撃面で違いを生み出すプレーをしていかなければならない。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

本田、試合終盤に途中出場

 ミッドウィークのラツィオ戦。スタメンを固定して戦っていても過密日程では維持が難しいので、本田圭佑の途中出場はあるのではないかと考えていた。実際、1-0で折り返した後半の頭から、本田はグスタボ・ゴメス、マヌエル・ロカテッリとともにアップを命じられた。

 しかし、出場は後回しになった。リードを保っている展開で、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はまず18歳のロカテッリを投入する。その時、呼ばれたのは右ウイングのスソだった。ロカテッリは中盤の底に入り、リッカルド・モントリーボはインサイドMFにずれる。インサイドMFとして先発していたジャコモ・ボナベントゥーラは左ウイングへ上げられ、左ウイングを務めていたエムバイエ・ニアンが右に回った、ということだ。

 これには、2つの意図があったようだ。まずは、中盤のボールキープの向上。3-5-2で先発したラツィオは後半の頭から4-3-3へシステムを変更して攻めに来ていたが、モンテッラ監督はつなぎを向上させることで逃げ切りを図った。

 敵将のシモーネ・インザーギ監督は試合後、地元メディアに対して「あれでモントリーボやロカテッリにパスをつなげられるようになったので、付け入るところがなくなった」と振り返っていた。

 そしてもう一つの意図は、前線の攻撃陣に敏捷性を保たせたかったことだ。試合後の「マンマークをされていたので、前線の選手にもっと動いてもらう必要があった」と語った。その上で、本田はアジリティに欠けると判断されたということか。

 結局本田の出場は、その13分後になった。ボナベントゥーラと交代し、ニアンが再び左へと回され、本田は右に付いた。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)11時3分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]