ここから本文です

U-16代表・森山監督、2戦連続の圧勝も慢心なし「20-0で勝っても何も得ていない」

フットボールチャンネル 9/21(水) 12:49配信

 インドで開催されているAFC・U-16選手権に出場しているU-16日本代表は、22日にグループステージ第3戦でオーストラリアと対戦する。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 日本はグループステージの初戦でベトナムに7-0、キルギスに8-0と2戦連続で大勝を収めており、すでに決勝トーナメント進出を決めている。

 準々決勝に勝利した4チームには来年インドで開催されるU-17ワールドカップの出場権を獲得することができるが、U-16日本代表の森山佳郎監督は本大会出場権を勝ち取れなければ2戦連続の大勝も意味がないと語った。

「当然、そこ(準々決勝)に勝つまでは10-0で勝っても20-0で勝っても何も得ていないので。達成感は僕の中には何もないし、選手にも気持ちは共有してもらいたいと思います。これで次勝って、最後に決定戦で0-1で負けたら、何の得るものもなく帰らないといけない」

 一方、オーストラリア戦はグループステージ突破を決めている日本にとって消化試合となる。森山監督は、「3戦目は出たいけど出れなかったやつを出せるんで、当然今控えに甘んじたやつを出して、『決定戦で俺出せ』っていうところを見せてほしい」と、出場機会のなかった選手に対して発破をかけた。

 グループBの首位通過が濃厚な日本は、決勝トーナメント進出初戦となる準々決勝でイランかUAEと対戦する可能性が高い。準々決勝に勝利すれば、2大会ぶりとなるU-17ワールドカップ出場権を獲得できる。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:9/21(水) 14:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。