ここから本文です

マンチーニ、初のスペイン挑戦へ。監督解任のバレンシアが後任にリストアップ

フットボールチャンネル 9/21(水) 9:10配信

 インテル前指揮官のロベルト・マンチーニ氏は、自身初となるスペインの地で指揮を執ることになるかもしれないようだ。20日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が報じている。

 バレンシアは20日、今年の3月30日からチーム指揮官に就任していたパコ・アジェスタラン監督を解任したことを発表。今季のリーグ戦で全敗したチームは現在勝ち点ゼロで最下位に沈んでおり、その上失点数が得点数の2倍の10失点という酷い結果から同監督はその責任をとって解任されることになった。

 現在は、これまでに何度も暫定監督を務めて来たボロことサルバドール・ゴンサーレス・マルコ氏が後任監督として暫定的に就任。その一方でクラブは経験が豊富な監督にチームを託したがっており、このため現在フリーの身となっているマンチーニ氏の招聘を検討中だと報じられている。

 先月にクラブとの関係悪化でインテルを電撃退任したマンチーニ氏。同氏はこれまで母国イタリアの他にイングランドやトルコでもチームを率いて来たが、スペインでの経験はまだ一度もない。「何か興味深い話が舞い込めばそこへ行くよ」と話していたマンチーニ氏だが、果たして新天地にスペインを選ぶだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/21(水) 9:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。