ここから本文です

「コオロギスナック」 米でじわり浸透 シリコンバレーで流行、大手スーパーにも

Forbes JAPAN 9/21(水) 15:00配信

コオロギの粉を原材料とするチャプル社のプロテイン食品「クリケットバー」。同社ウェブサイトにある販売店リストには、健康食品店や上級者向けジムなど、いかにもといった名前が連なっているが、その中に紛れて「パブリックス・スーパーマーケッツ」の名前があったことに驚いた。



全米に1,100以上の店舗を展開するパブリックスは従業員所有企業としては米国最大の食料品チェーンで、売上高は米スーパーマーケットチェーンで上位10位に入る大手だ。そのパブリックスがクリケットバーを扱っているとは…。

次の驚きが、シアトル・タイムズのこんな記事だった。コオロギのプロテインバーがシリコンバレーのIT企業従業員らの間で流行しており、シアトル周辺に店舗を展開する食料品チェーン「タウン&カントリー・マーケッツ」もコオロギ食品の販売を予定しているのだという。

シアトルはIT産業の中心地かもしれないが、このチェーンは私もよく利用するごく普通の食料品店で、大規模商店でも、健康食品店でもない。地ビールの取り揃えが豊富な点を除けば、店頭に並ぶ商品は一般になじみのあるものばかりだ。そんな店までもが、コオロギ食品を販売しようとしているのだ。

コオロギ食のブームと衰退

米国ではここ数年、「昆虫食」が一種のブームとなっていた。国連の食糧農業機関(FAO)は2013年、昆虫食が食糧難解消のカギとなる可能性があるとする報告書を発表。その中で、「コオロギは、牛の12分の1、羊の4分の1、豚や鶏の2分の1の飼料で同量のタンパク質を生産できる」と指摘している。

ウィメンズ・ヘルス誌によると、コオロギのタンパク質含有量は100グラム当たり約13グラムで、鶏卵およそ2個分に相当する。

コオロギはこうして、「未来の昆虫食品」(ブルームバーグ)や「完璧なタンパク質」(メンズ・ヘルス誌)などともてはやされるようになった。ポピュラーサイエンス誌によると、コオロギ食品を手掛けるスタートアップは2012~15年の間に30社以上も誕生している。

1/2ページ

最終更新:9/21(水) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。