ここから本文です

日本上陸狙う3Dプリンター「Carbon」社、総額230億円を調達

Forbes JAPAN 9月21日(水)7時0分配信

注目の3DプリンターのスタートアップCarbonが大手企業らから新たに総額8,100万ドル(約83億円)の資金調達に成功した。



今回行われたのはグーグル・ベンチャーズが主導し1億ドル(約102億円)を調達したシリーズCの拡張ラウンドで、出資したのはGE Ventures、BMW、ニコン、JSRなどだ。Carbonの調達総額はこれで2億2,200万ドル(約227億円)に達した。

GEとBMWはCarbonの3Dプリンター「M1」を生産ラインに導入したいと考えている。BMWはすでにドイツの工場において同社のプリンターを取り入れている。ニコンとJSRはいずれも日系企業で、Carbonの日本進出の足掛かりとなる。

Carbonの共同創業者でCEOのジョゼフ・デシモン(Joseph DeSimone)博士は、ノースカロライナ大学チャペルヒル校の化学教授(現在は休職中)だ。「パーツを驚異的なスピードで作ることに特化しており、射出成形を競う技術です」とデシモンは語る。

同社が「CLIP(Continuous Liquid Interface Production)」と名付けた3Dプリンティング技術は、小さな容器に入った液体樹脂の中から固体を取り出す方法だ。昔からある光造形法の一種で、紫外線を利用して液体樹脂を固める。

デシモンは容器の底の素材として、コンタクトレンズのように空気を透過するガラスを採用した。液体樹脂とガラスの間に1000分の1インチほどの厚みの空気の層を作り、液体樹脂とガラスが密着しないようにしたうえで、下からUVライトを照射することによって樹脂の下部を固める。ライトを照射させながらロボットアームで固体をゆっくりと持ち上げることで、3Dオブジェクトを作る技術だ。

Carbonによると、従来の光造形法を利用したプリンターなどと比べて解像度の高いオブジェクトを25~100倍のスピードで作れる。

同社は急ピッチでM1の製造を進めているが、現在マーケットに存在しているのは50台のみで、2016年末までには100台にする目標だ。M1を購入する場合は月会費を支払う必要があるが、ソフトウェアの更新や新機能の追加のサービスを受けることができる。

BMWやフォード、自動車部品メーカーのデルファイを顧客に持つ同社。8,100万ドルを調達したラウンドではスポーツシューズのメーカーも数社出資したというが、社名は公表されていない。

Aaron Tilley

最終更新:9月21日(水)7時0分

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2016年10月号

株式会社アトミックスメディア

2016年10月号
8月25日(木)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]