ここから本文です

ヴィクトリアズ・シークレットがアスリージャーに進出、「遅すぎ」の声も

Forbes JAPAN 9月21日(水)8時0分配信

人気下着ブランドのヴィクトリアズ・シークレットは2013年、「セクシーな」スポ―ツブラでスポーツウエア市場に進出した。だが、それからわずか2か月余りで同市場から撤退。消費者がアスレチックウエアに何を望むかについて、完全に読み誤ったのだ。



同社はまた、主力製品である下着の分野でも、相次ぐ競合他社の参入と競争の激化に苦しんでいる。その同社は先ごろ、普段着としても使うことができるファッショナブルなスポーツウエア、「アスリージャー」ラインの新ブランド「VSX」で再び同市場に打って出た。

これで同社は、起死回生を果たせるかもしれない。ただ、それは一時的な成功に終わる可能性がある。ファッション・メディアの間では、アスリージャー人気にはすでに陰りがみえるとの声が出ているのだ。

アスリージャー人気の終わりがささやかれ始めた中、ヴィクトリアズ・シークレットをはじめ関連製品を手掛ける各社は今後、トレンドに耐性を持つ企業になるため、どうすればいいのだろうか。

アスリージャー人気はもう下火?

投資コンサルタント会社J.ロジャーズ・ニフェンWWE(J. Rogers Kniffen WWE)のジャン・ロジャーズ・ニフェン最高経営責任者(CEO)は、今秋に向けてアスリージャー製品を仕入れた小売業者らが売り上げの伸びを予想していないことが、同分野の人気が下火になっていると考える主な理由だと説明する。また、カジュアルファションとしてアスレチックウエアを取り入れている人が、男女を問わず減っていることも指摘している。

さらに、人気がすでにピークを越えたことを示すデータもある。各種データを提供するスポーツスキャン(SportsScan)によれば、スポーツアパレルの売上高の伸び率は、2015年にマイナスを記録しているのだ。このデータのみでアスリージャーがもう「終わり」だと判断することはできないが、それでもニフェンCEOは、その時期は近いと予測している。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)8時0分

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2016年11月号

株式会社アトミックスメディア

2016年11月号
9月24日(土)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント