ここから本文です

同僚が先に昇進。嫉妬心からどう抜け出す?

プレジデント 9月21日(水)6時15分配信

 仕事や家庭の悩みはすべて解決できる!  京セラ、セブン&アイ・ホールディングス……。世界に名だたる経営者のDNAが息づく「門外不出のノウハウ」を紹介します。

 問題:同僚が先に部長になった。実力はトントンのはず。いま気をつけるべきは? 

■京セラセオリーなら――サラリーマン生活は長い

 同僚のほうが先に昇進して差をつけられた。嫉妬心が先に立って、どうも仕事に身が入らない……。このような心理状態に陥ったら、どうやって抜け出せばいいのだろうか。京セラでは、グループ単位が自然に競争してお互いを刺激し合っているという。その状態を生み出すもとになっているのが、稲盛流経営の代名詞といえる“アメーバ経営”だ。

 アメーバ経営とは、企業活動によって生まれた付加価値(売り上げ―経費)を社員の労働時間で割った「時間当たり」の数字を指標として管理する経営手法のこと。京セラでは、部署などの小さな組織単位(アメーバ)ごとに独立採算制で時間当たりの数字を出して、社内で公開している。京セラの山口社長は、解説する。

 「となりのグループの数字がすべて見えるので、アメーバ同士は自然に競争意識が芽生えますね。たとえば京セラは鹿児島に国分工場と川内工場を持っていますが、お互いに『今月は向こうに負けないぞ』と言って対抗心を燃やしているようです」

 ただ、競い合うのはアメーバ単位まで。社員個人を1対1で競い合わせる仕組みはない。フィロソフィに「仲間のために尽くす」という項目があるように、京セラはむしろチームプレー重視で、競い合うより助け合う文化が定着している。

 とはいえ、多くの社員を採用しているので、実績をあげていち早く昇進する社員もいれば、逆に出世が遅れる社員もいる。現実には社員同士で差がつくことも多いが、出遅れた社員はどう考えればいいのだろうか。

 「私なら、20代30代で誰かが先に出世しても、それは長い目で見れば序盤の出来事なのだから気にするなとアドバイスしますね。マラソンにたとえるなら10キロ地点で先頭集団にいたというだけで、その人が完走できるかどうかもまだわからない。サラリーマン生活というロングレンジで考えたらほとんど無意味。気にするだけムダです」

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)6時15分

プレジデント

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデント

プレジデント社

2016年10.17号
9月26日発売

定価690円(税込み)