ここから本文です

モスバーガーのレタスがおいしい理由

プレジデント 9月21日(水)6時15分配信

 人と作物が育つ農業を実践する株式会社鈴生。農業の産業化を目ざし、予め作物の価格と数量を決めた契約取引を行っている。レタスを大量に納めるモスバーガーから品質の良さを高く評価されている一方で、農業界が直面する「六次化」「国際化」「補助金」「IT化」「レギュレーション」などの問題にはどう対応しているのだろうか。鈴木貴博社長の本音に耳を傾けよう。

■「余るから六次化」はナンセンス

 ――先ほどバリューチェーンを広げるお話が出ましたが、どこまで領域を広げるのか。一次産業である農業に二次産業、三次産業を加える「六次化」も盛んに議論されていますが、どうお考えですか。

 【鈴木】餅は餅屋、安易に六次化には手を出すな、と言っています。むしろ、分業化に着目したい。農薬なら農薬会社、収穫なら収穫会社。分業化したくて、二年前から農薬の散布機を散布会社に貸して委託しています。とはいえ、やっぱり農業は人が資本です。作業は分担できるけど理念は分業できない。最近は自社の社員を分業先に出向させてでも理念は浸透させたいと思っています。

 ――事業領域の話とも関わりますが、海外への輸出。グルーバル化についてはどうでしょう。肯定、否定、いろいろ意見が入り乱れていますが。

 【鈴木】六次化に関しては、六次化のために作物を作るなら僕は大賛成。でも作物が余るから六次化はナンセンス。ジャムをつくるためにイチゴを作るのは用途が定まっていて、大賛成です。輸出も同じ。日本でキャパが多くなったから海外に出そうというのと、海外マーケットを狙って作るのでは全然違う。海外の長粒種のコメ市場に向けて、前もって日本で長粒種をつくって「日本人が作った長粒種だ」と輸出するのなら日本ブランドを生かす意味で非常にわかりやすい。訴求力もあります。

 ――国内のものを何も考えずに海外に出すやり方はもう……。

 【鈴木】利益が出ないと思います。個人的には海外への輸出は、日本のインフラごと持って行って、海外で生産して日本の農業のパイを増やしたほうがいいと思います。アメリカの人に枝豆を食べてもらうために作りに行けばいい。根拠をはっきりさせたいですね。

 ――それは、品目や商品の選定にも関連してきます。多くの生産者は、転作を含めて悩まれていますが、以前のミカン、お茶からレタス、枝豆へ品目を転換した理由は何ですか。

 【鈴木】レタスは、まず貯蔵がきかないので輸入が限りなく少ない。つまり自由化のダメージが小さい。その上で、僕は外食産業のために作っています。決まったマーケットに向けて作物をつくれば、非常に価値の高いものが生まれる。褐変が少なく、肉厚なレタスを作ってほしいと言われれば、それに特化した品種も作れます。

1/3ページ

最終更新:9月21日(水)6時15分

プレジデント

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデント

プレジデント社

2016年10.17号
9月26日発売

定価690円(税込み)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]