ここから本文です

ビリー・ジョー・アームストロング初主演映画『Ordinary World』の予告編が公開

ローリングストーン日本版 9/21(水) 15:00配信

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが演じる、中年パンク・ロッカーの心温まるコメディ映画の予告編動画が公開。

【動画あり】ビリー・ジョー・アームストロング初主演映画『Ordinary World』の予告編を見る

グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングが、中年ロッカー役で主演を務める映画『Ordinary World』の最新予告編が公開された。ビリーの他には、コメディアンのフレッド・アーミセン、女優のセルマ・ブレアが出演する。

ビリー演じるペリーは、若かりし頃にパンク・ロッカーとして大成功する夢を抱いた一人娘の父親だ。しかし、バンドの人気が衰えると、ペリーは家庭を最優先するため、バンドを無期限活動休止にする。映画はそんなペリーの、妻に忘れられた40歳の誕生日の顛末を描いている。ニューヨークの高級ホテルでパーティをすることになったペリーと元バンド仲間は、ホテルの部屋をひどく荒らす。そんな中、ペリーはかつて抱いた情熱を思い出し、娘をタレントショーに参加させる。

映画のタイトル『Ordinary World』は、ビリーが同映画のために手掛けた曲のタイトルに由来している。映画がプレミア上映されたトライベッカ映画祭では、ビリーと本人役でゲスト出演しているジョーン・ジェットが、『Ordinary World』をライヴ・パフォーマンスした。映画は10月17日に、DVDとデジタル・ダウンロード版でリリースされる。(※日本版は未定)

Translation by Miori Aien

BRITTANY SPANOS

最終更新:9/21(水) 15:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。