ここから本文です

渦中の東京都議会、最新データで見る全議員の「実力」 都議会議員活動ランキング

現代ビジネス 9月21日(水)10時1分配信

議員たちの本業、議会での実力は?

 小池知事が都知事選の際に「都議会のドン」と発言したことで、がぜん注目が集まる都議会。その後も、自民党都連幹事長や都議会自民党と小池知事とのやり取りはメディアで注目されている。

 こうした報道によって、「改革派の知事」というブランド化と同時に、「都議会自民は既得権を守る抵抗勢力」といったマイナスブランド化がなされているようにも感じる。

 最近では、「小池新党」とともに都議会議員も話題になり、豊洲新市場の問題とともに都議会議員の活動も日の目を見るようになった。

 これまでは「都政」というと知事ばかりに注目が集まり、都議会議員の活動にまで都民の目がいくことはほとんどなかったが、良くも悪くも、都議会や都議会議員にスポットライトが当たり、都民が関心を持つことは、都政にとってはもちろん、地方自治や民主主義の質の向上にとっても大きな切っ掛けになるのではないかと期待する。

 ただ、その一方で、都議会の中で議員たちがどのような活躍をしているのかは、あまり知られていない。

 また冒頭で書いたようなステレオタイプの印象は必ずしも都議会議員たちの議会活動実態を表しているわけでもない。

 そこで今回は、都議会議員選挙のあった2013年6月から今までの、都議会議員たちの都議会本会議での代表質問と一般質問の回数をデータ化して調べてみた。

1位2名は民進、3位には自民、公明

 都議会本会議での代表質問と一般質問の総数をランキングにすると、最も多かったのは、5回で、石毛しげる氏(西東京)、中村ひろし氏(三鷹)の2名が並んだが、どちらも都議会民進党の議員だった。

 次いで4回には12名が並ぶ。この中には東京都議会自由民主党からも立石晴康氏(中央)、都議会公明党からも上野和彦氏(江戸川)、大松あきら氏(北)が入った。

 都議会は分かり難いのだが、民進党は2つの会派に分かれており、都議会民進党からは尾崎大介氏(北多三)、島田幸成氏(西多摩)が、民進党都議団からも田中朝子氏(杉並)、石川良一氏(南多摩)が入っている。

 この他にも知事選挙で数少ない“知事与党”として注目されたかがやけ Tokyoからも上田令子氏(江戸川)が、都議会生活者ネットワークからは西崎光子氏(世田谷)、小松久子氏(杉並)、山内れい子氏(北多二)と3議員が入っている。

 さらに、一般に都道府県議会では無所属議員が質問しづらい環境にあると思われるのだが、やながせ裕文氏(太田)が入っている。

 一方で、質問が多い印象のある日本共産党東京都議会議員団からは1人も入っていなかった。

1/3ページ

最終更新:9月21日(水)10時1分

現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。