ここから本文です

トランプvsヒラリー、いよいよ決着!?選挙戦を左右する「最高のコピー×最強のプレゼン」術とは?

ダイヤモンド・オンライン 9月21日(水)11時0分配信

 いよいよアメリカの大統領選挙が近づいてきた。トランプとヒラリー・クリントンはお互いどのようなメッセージを大衆に発信し、どのように選挙戦を渡り合ってきたのか? 
11月2日に満を持して開催する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座 “100%一発説得”最高のプレゼン術×最強のコピー術」に登壇する、ベストセラー『社内プレゼンの資料作成術』著者の前田鎌利氏と、神田昌典氏から「今後100年歴史に刻まれる名著」と評された『最強のコピーライティングバイブル』著者の横田伊佐男氏が語り尽くす。(構成:前田浩弥)

● 「キャッチコピーの4大法則」 を押さえたトランプ

 ――11月8日に予定されているアメリカ大統領選挙。クリントン氏優位と言われていますが、トランプ氏も大きな存在感を示していますね。ここまでの選挙戦を「コピーライティング」「プレゼン」の両面から、お2人で振り返っていただけないでしょうか。

  横田伊佐男さん(以下、横田) まぁ、まだどうなるかまったくわかりませんが……(笑)。これまでを振り返るという限定をつけたうえで言うと、トランプはもともと「にぎやかし」のような、ダークホース的な見方をされている候補だったのに、あれよあれよと大衆を巻き込んで勢いに乗り、大統領の有力候補になった。
 そして、クリントンを脅かす存在にまでなった。ここまで登ってこられたのは、彼とその側近のコピーライティング力に大きな要因があると考えています。

 ――どういうことでしょうか? 

 横田 トランプ陣営が発信してきた言葉が非常に強いんですよね。
 ところが、ヒラリーの言葉はどうもブレているように感じられ、ちょっと弱い。
 少し分析してみましょう。
 11月2日に開催する「ダイヤモンド社プレミアム白熱講座」で詳しくご説明するのですが、私は、「刺さるキャッチコピー」には4つの法則があると考えています。

 ★キャッチコピーの4大法則★
法則1:得になる ⇒「お得感」はあるか? 
法則2:新情報 ⇒「新しさ感」はあるか? 
法則3:好奇心 ⇒「珍しさ感」はあるか? 
法則4:簡単な方法 ⇒「お手軽感」はあるか? 

 これを踏まえて、両陣営のキャッチコピーを比べてみましょう。
 トランプは「Make America Great Again(偉大なアメリカよ、再び)」。
 このフレーズには、近年、国力を低下させているアメリカのパワーを、もう一度取り戻すのだというメッセージが端的に表されています。
 とくに「Again」という単語が「昔は強かったけど、今はその強さを失っている。もう一度強さを取り戻すのだ」とあおる効果を担っていて、「法則3:好奇心」をそそります。
 また、そもそもアメリカ人は「強いものへのあこがれ」が大きい人たちです。大きい、強い、一番、そういうものを好みます。
 だから「Great」という単語も大好きなんですね。
 この語感が、とくに格差社会の貧困層を中心に、「自分たちが弱くなっている」「強くなりたい」という不満をもつ人たちに響いていると考えられます。
「法則1:得になる」に合致しているんですね。
 また、キャッチコピーは4語でとてもシンプルなので、「法則4:簡単な方法」も訴求できています。

1/3ページ

最終更新:9月21日(水)11時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。