ここから本文です

紋切り型のメールや電話をやめれば才能は開花する

ダイヤモンド・オンライン 9月21日(水)6時0分配信

 拙著、『知性を磨く』(光文社新書)では、21世紀には、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という7つのレベルの知性を垂直統合した人材が、「21世紀の変革リーダー」として活躍することを述べた。
この第9回の講義では、前回に続き「技術」に焦点を当て、拙著、『人は、誰もが「多重人格」 - 誰も語らなかった「才能開花の技法」』(光文社新書)において述べたテーマを取り上げよう。

● 「仕事のできる人」から学ぶべきは 「人格の切り替え」

 今回のテーマは、

 紋切り型のメールや電話をやめれば才能は開花する。

 このテーマについて語ろう。

 前回、一流のプロフェッショナルは、意識的、無意識的を問わず、自分の中に「様々な人格」を育て、それらを状況や場面に応じて、適切に使い分けるという「多重人格のマネジメント」を身につけているということを述べた。

 では、どうすれば、自分の中に「複数の人格」を育て、それを適切に使い分ける「多重人格のマネジメント」を身につけることができるのか?   その具体的な技法について、日々の業務の中で行える二つの技法を述べよう。

 第一は、「仕事のできる人」が、仕事でどのように「人格」を切り替えているかを、観察するという技法である。

 具体的には、もし、企画プロフェッショナルで「仕事のできる人」から「人格の切り替え」を学ぼうと思うならば、その人が主宰する企画会議などに参加し、その人が「人格」を切り替える瞬間を、注意深く観察することである。

 例えば、発散気味に進んできたアイデア出しの会議を、後半、まとめモードに切り替えるときの「人格の切り替え」などを観察することである。もし、この観察をするならば、その企画プロフェッショナルが、前半で表に出している人格と、後半で表に出す人格が違っていることに気がつくだろう。前回語った、「始め民主主義、終り独裁」の人格切り替えである。

 それ以外にも、「そのアイデア、面白いね」といった激励モードの人格と、「うーん、こんなアイデアしか出ないのか…」という辛口モードの人格の切り替えなど、一流の企画プロフェッショナルを見ていると、実に、色々な人格が出てくることに気がつくだろう。

 このように、企画であっても、営業であっても、「仕事のできる人」と一緒の会議や商談に出て、その人が「人格の切り替え」を行う瞬間を、注意深く観察することである。

 これが、第一の技法であるが、実は、その学びをするためには、「一緒の会議に出る」という以上の技法がある。

 それは、優れたプロフェッショナルの「かばん持ち」をすることである。

1/4ページ

最終更新:9月21日(水)19時40分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

ダイヤモンド・オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]