ここから本文です

あの人のビジネスシャツがカッコ悪い理由

東洋経済オンライン 9月21日(水)6時0分配信

 襟がピョコッと浮いているシャツのビジネスマン。あなたの周りにいませんか? 

 私は「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーとして、これまで延べ3800人以上のビジネスマンのファッションをトータルコーディネートしてきました。そんな私からは、「シャツ選びの基本」を意外と知らないビジネスマンが大勢いるように見えます。

この記事の写真を見る

■襟元は「ジャケットスタイルの顔」

 Vゾーンは「ジャケットスタイルの顔」です。会話の際、相手と目を合わせるたび必ず視界に映りこむことから、とくにノーネクタイビジネスファッションにおいては、「シャツの襟立ち」が重要でした。

 「クールビズの認知率が約9割」(平成28年度クールビズについてお知らせ)と環境省が発表するように、ビジネスファッションの変化は、この10年余りで広く浸透し、シャツのボディーラインに気を配るビジネスマンが増えました。

 その結果、セレクトショップのみならず、スーツ量販大手4社が運営するTHE SUIT COMPANY(青山商事)、オリヒカ(AOKI)、SUIT SELECT(コナカ)、P.S.FA(はるやま商事)においても、通常の「レギュラーフィット」に加え、ボディーラインを強調した「スリムフィット」モデルのシャツが数多く販売され、シルエットを重視するビジネスファッションは、もはや定番となりました。

 ところが、肝心の襟先が、ピョコッと浮いてしまうビジネスマンを、今でもよく見掛けるのです。「ネクタイ専用のシャツをノーネクタイで着ている」とき、この現象が起きています。

ノーネクタイに向かないレギュラーカラー?

 シャツを単体で選んではいけません。ネクタイの有無も含め、襟型を考慮したシャツ選びが、実は重要だったのです。昨今、ビジネスシャツを選ぶとき、ボディラインにのみフォーカスしがちですが、ネクタイの有無によって、似合うシャツの襟型が変わることをご存じでしょうか? 

 ビジネスシャツには、プラスチック製の襟(カラー)キーパーが入っています。襟の強度を保つことはできますが、第一ボタンを開けたとき、必ずしも襟先が安定するとは言い切れません。

 定番の「レギュラーカラー」でさえも、第一ボタンをはずした状態では、襟先がピョコッと浮いてしまいます。75~90度の開きがあるこの襟型は、結び目が小さいプレーンノットで絞めるネクタイを前提としているからです。同様に、襟が小さい「ショートカラー」も第1ボタンを外して着る場合、襟先が浮きます。襟先までの距離が短く、ナロータイと呼ばれる細いネクタイに合わせるデザインだからです。

 つまり、シャツの襟型によって「合わせるネクタイの太さ・結び方が、そもそも異なる」ということ。では、ノーネクタイに合う襟型とはどんなデザインなのでしょうか? 

■ノーネクタイに合う「2つの襟型」

 シャツは、古代ローマ時代のチュニックがその起源といわれています。中世ヨーロッパでは、貴族が華やかさをアピールするため、華美な襟型が多く、現代の襟型とはまったく異なるものでした。ネクタイを絞めることを想定した現代ビジネスシャツの襟型の多くは、20世紀以降に生まれたのです。

 そんな折、1900年頃、ジョン・E・ブルックスが襟先にボタンを付けたシャツを開発しました。英国の伝統的スポーツ「ポロ」を観戦した彼は、「風で襟が乱れることを防ぐために付いていた襟先のボタン」からインスパイアを受け「ボタンダウンシャツ」をつくったといわれています。ノーネクタイで合わせることを想定して開発されたかは定かではありませんが、留めた襟先が浮かないことから、ノーネクタイであってもVゾーンが安定するのです。

 一方、まったく異なるアプローチで襟立ちをきれいにする方法もありました。イタリアで人気の「ホリゾンタルカラー」が、ノーネクタイに合うシャツだということは意外と知られていません。180°の開きがあるこの襟型は、第一ボタンをはずしても、その開いた角度によって襟先の形が崩れずきれいに見えます。

 2008年頃、大手セレクトショップSHIPSをはじめとした一部のショップでのみ扱われていたこの襟型は、2016年現在ではスーツ量販業界においても定番として販売されています。ただし、ネクタイを合わせる場合、その襟の開きから結び目が大きくなる「ウィンザーノット」、「セミウィンザーノット」に向いていると覚えましょう。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)19時55分

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事