ここから本文です

クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

ニューズウィーク日本版 9月21日(水)16時46分配信

 アマル・クルーニーは月曜、米NBCの朝の情報番組『トゥデイ』で異例のインタビューに応じた。ただしそれは、ハリウッド俳優で夫のジョージ・クルーニーとの私生活を明かすような類の話のためではなかった。人権派弁護士のクルーニーは、クルド系少数派のヤジディ教徒に対する「ジェノサイド(大虐殺)」をめぐって、テロ組織ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)を裁くために法廷に立つ決意をした理由について語った。

【参考記事】IS敗走後に集団墓地と数100人の遺体
【参考記事】民族消滅に近づくイラクの少数派

 その3日前、クルーニーは、ニューヨークの国連本部でイラクのヤジディ教徒ナディア・ムラド・バセ・タハ(23)が国連の親善大使に就任する式典に出席。自らも演台に立ち、ヤジディ教徒の迫害に無策だとして国連を批判した。

性奴隷から脱出

 ISISは異教徒としてヤジディ教徒を迫害し、男や高齢の女性は集団で殺害、若い女性は性奴隷にしてきた。ナディア・ムラドも2014年から数カ月間にわたりISISに拘束され、集団レイプを受けたうえ何度も人身売買されたが、奇跡的に脱出に成功。ISISに拘束されているヤジディ教徒の女性や少女の解放を訴える活動を行ってきた。


アマル・クルーニー(左)とナディア・ムラド Channel 4 News/YOUTUBE

 クルーニーは月曜に再度、ナディア・ムラドと共にNBCに出演。ISISの性奴隷として拘束されている数千人に上るヤジディ教徒が置かれた惨状を語った。

 さらには、ヤジディ教徒側の弁護人として、残虐な犯罪行為の加害者であるISISに法の裁きを受けさせるつもりだと話した。過激なテロ組織に真正面から挑むという決断は、決して軽々しいものではなかったという。

「今ナディアがやっていることに比べれば、だれも自分には勇気があるなんて言えないと思う。冗談でも何でもなく、相手はあのISISよ。彼らは既に、ナディアに対して非常に明白な脅迫を送りつけてきた。どんな手を使っても、お前をここに連れ戻してやるってね」とクルーニーは語った。

【動画】ISISに蹂躙された魂がさまよう町シンジャール

 家族の理解を得られたかと問われると、彼女と夫のジョージ・クルーニーは、これほど注目度の高い訴訟に関わるからには、相応のリスクがあることも承知していたと答えた。



「この訴訟を引き受ける以前から、そういう大事なことについては夫と色々と話し合ってきた。もちろん、リスクを伴うことはお互いに覚悟している。彼もナディアに会って、私と同じ理由で心を動かされた。だからこそ、これは私が取り組むべき仕事なのだと理解してくれた」

 国連でのクルーニーの演説は力強かった。彼女はISISの蛮行からヤジディ教徒を助けるために国連にはもっとできることがあったのに、取り組んでこなかったことを「恥じている」と言った。

「国連の支持者として恥ずかしい。国連がヤジディ教徒に対するジェノサイドを止め、罰してこなかったのは、加盟各国が自分たちの権益の妨げになると判断したからだ。正義が行われず、それに対する異論すら起きなかったことを、一人の弁護士として恥じている」

トゥファエル・アフメド

最終更新:9月21日(水)20時48分

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-10・ 4号
9/27発売

460円(税込)

ニューズウィーク日本版の前後の記事