ここから本文です

飲食店の残りものを格安でテイクアウトできるアプリ

ニューズウィーク日本版 9/21(水) 18:04配信

 廃棄ゼロの動きは、あらゆる角度で進んでいく。

「Too Good To Go」は、近くの飲食店で残った料理を2ユーロ程度で購入することができるサービス。利用者は、近くのお店の残り物情報を取得し、選択して購入。指定された時間内に来店して食事をテイクアウトする。

【参考記事】24時間いつでも焼きたてのパン自動販売機が登場!

 スーパーやデパートなどの小売店では、賞味期限が迫っているものは割引して当日中に販売してしまう。飲食店においても残ってしまうものは当然あるが、それを販売するという方法はこれまでなかった。



 Too Good To Goは、そういった飲食店のための廃棄ゼロ&当日売り切りアプリでもある。環境のため、社会のためにも意義のあるサービスである。



※当記事はSocial Design Newsの提供記事です


Social Design News

最終更新:9/21(水) 18:04

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。