ここから本文です

初代カローラの9色のボディカラーは「ギリシャ神話」から【Corolla Stories 3/50】

clicccar 9/21(水) 15:08配信

クルマ選びの第一印象になったり最後の決め手になったり、ボディカラーはクルマのキャラを決定する大きな要因のひとつです。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

そんなボディカラー、今の日本では様々に選べるのが普通ですが、実は60年代半ばまでは白と赤が使えなかったって知ってましたか? 白は救急車、赤は消防車と間違えやすいため、という理由からでした。白系も赤系もボディカラーになくてはならないような色が使えなかったって、いまではちょっと信じられませんね。



しかし、カローラが登場したのは66年。そうした規制がなくなってからの登場したということで、白も赤もラインナップされていました。しかしまだ当時は、ユーザーの意識も救急車っぽいとか、消防車っぽいという意識があり、解禁されたからといって、みんなが飛びつくということもなかったようです。

ところでその初代カローラのボディカラーですが、すべてギリシャ神話から名前が付けられていたんです。



列挙してみると、

アフロディティ・ホワイト
ゼウス・ブルー
メティオリック・ブラウン
ダイアナ・オリーブ
アーレス・グレー
アポロ・レッド
ネプチューン・ターコイズ
プルトー・ベイジ
ジュノー・グレー



さてどれだけギリシャの神様を知っていましたか? それにしても、なんと9色もあったのにも驚きですね。

(文:松永大演)

最終更新:9/21(水) 15:08

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。