ここから本文です

広島カープ優勝の珍現象…献血に行列、鯉25%オフ

デイリー新潮 9月21日(水)14時0分配信

 百貨店の記念セールでは、510万円の純金バットが売れたとか。経済効果330億円なんて、景気のいい話も聞こえてくる。が、それだけではない。25年ぶりの広島カープ優勝は、思わぬところに、歓喜の声が上がる、“珍現象”をもたらした。

 その一つが、なんと献血。日頃、不足しがちな血液だが、この度は1時間の献血待ちの列が出来たという。

 広島県赤十字血液センターの担当者の話。

「職員にカープファンがいまして、優勝したら何かやりたいと。マジック3から献血の受付でユニフォームを着て、優勝したら記念グッズを配ることにしました」

 マスコット人形“けんけつちゃん”に、カープのユニフォームを着せて配布したところ、普段の1・5倍の人が献血に押し寄せた。

「まずあり得ないことです。これ以上は、キャパオーバーなぐらいです」(同)

 さらに、カープとくれば、本物の鯉にも注目が。市内の「小西養鯉場」では、優勝翌日から、全品25%オフのセールを開始。白い魚体で頭頂部だけ紅い、「丹頂紅白」という種類が売れている。小西丈治社長によれば、

「41年前の初優勝の時、お客が“赤ヘルみたいだ”と言ったのを機に、“赤ヘル鯉”と呼ばれています。常時60匹ほどいますが、1匹2000~5000円の鯉が約30匹売れましたよ」

 まだまだ、ある。同じく市内の「木原佛壇」の木原賢治専務は、

「近頃の墓石は故人に所縁(ゆかり)の深い、様々なデザインの物が増えています。ならば仏壇もと思い、5年ほど前にカープ仏壇を作りました」

 その時は、球団ロゴがなかったため、今回は開幕前からデザインを考案、球団からもロゴ使用の許可を得た。朱塗りの仏壇の扉に鯉の滝登りが描かれている。展示用で販売はないのだが、

「普段は年配のお客が多いのですが、この仏壇を見にカープ女子も来ますよ」

 とにもかくにも、カープ様様なのである。

「週刊新潮」2016年9月22日菊咲月増大号 掲載

新潮社

最終更新:9月21日(水)17時4分

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]