ここから本文です

松山英樹が求める「止まる」ボール。クラブやスイングを変えた背景とは。

Number Web 9月21日(水)18時1分配信

 熱気であふれかえるトーナメントの開幕前。人もまばらな練習ラウンドの風景を、松山英樹は両腕を前に後ろにと大きく動かしながら、グリーンに続く花道を歩いていた。

 大手を振って、とか、肩で風を切って、という表現は当てはまらない。「ヒデキ、どうした? 。チームスタッフの呼びかけに、松山は溜め息交じりに言った。

 「こうやって歩けば、元気がでるんじゃないかなぁと思って……」

 わざとらしくても上半身を激しく動かすことで、足取りを少しでも軽くさせようとしていたのだ。

 悩みは今日も尽きない。昨年秋にスタートしたレギュラーシーズンを終え、8月下旬に突入したプレーオフシリーズ。長い1年が幕を閉じようとしたいまでさえ、彼は模索の日々を送っていた。

数字の上では、実はベストシーズン。

 松山にとって、米ツアー本格参戦3季目となった2015-16年シーズン。2月にウェイストマネジメント・フェニックスオープンで待望の通算2勝目を飾り、4月のメジャー初戦マスターズで7位。7月の同最終戦・全米プロゴルフ選手権でも4位と堂々の成績を残した。

 ポイントランキング上位30人が出場するプレーオフ最終戦・ツアー選手権に3年連続で出場し、獲得賞金はその最終戦を残した段階で、過去最高の385万3954ドルに達した。

 数字上では、ベストシーズンという見方が十分できる。だが一方で、出場試合が3季で最も少ない23試合(最終戦を含む)にもかかわらず、予選落ちが最多の5回あった。

 とくに6月初旬からの1カ月半は、4試合中3試合で決勝ラウンドに進めなかった。そのうちメジャーが2回。全米オープン、全英オープンと初めてメジャーで連続予選落ちを喫した。

 「いい状態で入ったつもりが、試合になったら、コースに出たら全然ダメで」と振り返る。試合前の本人の感触と結果、好不調の波……それぞれに格差の存在したシーズンでもあった。

既に世界最高レベルのアイアンを、大改造。

 いまだかつてないほどに痛感した失望の連続。今季それを生んだのは何だったのだろう。

 思うような結果に恵まれず、ストレスに満ちた時期を本人はこう述懐した。

 「クラブとスイングを一気に変えすぎた。それを同時にやったのが良くなかった」

 マスターズを終えたあと、松山は数多くのクラブを実戦でテストした。特にウッドは、1Wをはじめ複数のクラブを試した。5月のプレーヤーズでは、パターを定番のピンタイプから大型ヘッドタイプにスイッチした。そのパターに差した太くて四角いグリップは、前の試合のロッカールームでたまたま見つけたモデル。他選手がチャリティ用に寄付していた古いものを何気なく握って気に入り、すぐにメーカー担当者に発注をお願いしたものだった。

 クラブの中でも生命線といえるアイアンセットを総入れ替えしたことも、ひとつのトピックスだった。

 松山のアイアンゲームは既に世界最高のレベルにある。ツアーが集計したデータでは、セカンドショット以降の部門別スタッツは常に全体の上位を記録する。今季新たに採用された「Strokes Gained: Approach-the-Green」というスタッツは「パー3の第1打、パー4&パー5の第2打の結果」がスコアにどれだけ影響を及ぼしているかという指標で、松山はこの部門で最終戦を前に全体2位につけている。

1/3ページ

最終更新:9月21日(水)18時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。