ここから本文です

プロの味は桁違いの旨さ!これぞ4番打者のチャーハン6選

東京カレンダー 9月21日(水)5時20分配信

お家で作るチャーハンも良いけれど、やっぱりプロの作るそれはひと味もふた味も違う。
秋の色が深まる中、お腹の虫が鳴ってしまう、プロのチャーハンをどどんとご紹介。

【この記事の全ての写真】

『香湯ラーメン ちょろり 恵比寿店』のチャーハン副編集長 昌保博之選

恵比寿

恵比寿ガーデンプレイスの近くに、『香湯ラーメン ちょろり 恵比寿店』はある。つい最近まで恵比寿に住んでいた僕は、夜遅くまで飲んだときの〆にこの店のチャーハンとワンタンを食べていた。
チャーハンの具はたまご、チャーシュー、ネギ、と基本中の基本。ごはんの味付けは油っこくなくさっぱりしていて、旨みが凝縮されたチャーシューとネギが絶妙にマッチ。食べる喜びを与えてくれる美味しさだ。
チャーハンに付いてくるスープもまたグッド。味は少し濃くて、ネギがたっぷり散らしてある。やさしい味のチャーハンのレンゲ休めにちょうどいい。
『香湯ラーメン ちょろり 恵比寿店』は翌朝5時まで営業。深夜に小腹が減ったときはぜひおすすめしたい一皿だ。

恵比寿ガーデンプレイスの近くの細い坂の路地に『香湯ラーメンちょろり 恵比寿店』がある。『ちょろり』好きの間ではこの店にいくときは「ちょろる?」や「ちょろった」と使われる

『新福菜館』のヤキメシ副編集長 日紫喜康一郎選

麻布十番

京都出張の際は必ず立ち寄ることにしている『新福菜館』。それが、今年は麻布十番に出店したことにより、寄り身近な存在となったんです。

まず特筆すべきは、そのビジュアル。黒いんです。結構、黒いんです。まずは、そこにびっくりするわけですが、これは何でも中華そばのタレで味付けされているからとか。となれば、当然、中華そばとの相性は抜群でして、禁断のラーメンチャーハンと相成るわけです。

ただこちらのヤキメシ、その黒さ以外は至ってシンプルなもの。具材は、チャーシュー、卵に、細かい九条ネギ(ここが京都っぽい!)だけで、何も奇をてらっているわけではなく、見た目よりもマイルドというか食べやすいのですよ。

麻布十番近辺にいると、自然と足が向いてしまう魔味なるヤキメシです。

1/3ページ

最終更新:9月21日(水)5時20分

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2016年11月号
9月21日発売

定価800円(税込み)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]