ここから本文です

飲む! 食べる! 塗る! 台北の最新漢方はこんなに楽しい

CREA WEB 9/21(水) 12:01配信

 漢方先進国・台湾では、中国四千年の昔から伝わる漢方がさまざまな形で現在も進化を続けています。現代の漢方は、強い苦みや独特の香りは少なく、老若男女が日々の生活に取り入れやすい工夫がされているのです。そんな台北の最新漢方事情を、「飲む」「食べる」「使う」という3つの方向からご紹介いたします。

■【飲む】
曜日に合わせた7種の養生スープを美味しいドリンクとして提供する
「Life on 身體專門飲」

「Life on」では、自然農法により栽培された有機食材を農家から産地直送で直接仕入れ、養生効果のある天然食材と店内の厨房で8時間以上かけて煮詰めたものを瓶詰めして販売しています。メニューは一週間の曜日に合わせて7種類ありますが、必ずしもその曜日のドリンクを飲む必要はないそう。初めて来店した女性には月曜日か木曜日のドリンクをおすすめしているそうです。

 台湾では、いたるところでジューススタンドを目にしますが、「Life on」は身体に優しいヘルシーなドリンクを提供しています。栄養が偏りがちな人に人気で、毎日通う常連さんも多いそう。店内の養生ドリンクはホットとアイス両方ありますが、常温かホットで飲むことをおすすめしています。ガラス瓶を使用しているのは、テイクアウトしたとき、お湯で温めるのに便利だからだそうです。

 オーガニック系や養生ジュースは飲みにくいイメージもありますが、こちらのドリンクはどれも美味しくいただけます。台湾滞在中は、現地ならではの漢方の要素を取り入れた養生ドリンクを飲んで、旅で疲れた身体をいたわりましょう。

Life on 身體專門飲
所在地 台北市信義區光復南路453之3號
交通 MRT信義安和駅5番出口から徒歩7分
電話番号 02-8786-9053
営業時間 月~金曜 11:00~21:00、土・日曜、祝日 12:00~20:00

■【食べる】
香港人女性オーナーが経営する
本格的香港式養生煮込みスープの専門店「原味・湯廚」

 香港人女性オーナーが経営するこだわりの香港式養生スープ専門店。現在は台湾に定住しているオーナーですが、香港式スープの材料は台湾では手に入らないので、数カ月に一度は香港に乾物類の買い出しのために帰国するそうです。

 また台湾のガスコンロは火力が強すぎるので、スープはすべて電気コンロで煮込みます。とろ火でゆっくりと時間をかけて食材そのものの旨味と栄養素を引き出します。

 迷った時はお店の看板メニューをオーダーしてみましょう。「花膠響螺枸杞烏鶏湯(魚の浮き袋、巻貝、クコの烏骨鶏スープ)」は花膠(深海魚の浮き袋の乾物)、と響螺(巻貝の一種)をまず3日間かけて戻した後、烏骨鶏と煮込んだスープです。

 一通り煮立った後、圧力を加えてさらに煮込み、6時間かけて攪拌と濾過を繰り返しエキスを抽出します。コラーゲンがたっぷりなだけでなく腎臓にもよく、魚の浮き袋はコレステロールが含まれていないので「補胎不長肉(胎児を育て太らない)」と言うことから、香港では妊婦さんに好まれているそうです。

「蟲草花響螺鶏湯(冬虫夏草と魚の浮き袋、巻貝のチキンスープ)」は肺を補い腎臓にもよく、肝臓を保護して炎症を抑える効果があるそうです。コクがありながらもしつこさはなく、地鶏の肉も口に入れるとすぐにほぐれてしまうほどに煮込まれていて絶品です。

原味・湯廚
所在地 台北市大同區南京西路25巷48號
交通 MRT雙連駅1番出口から徒歩約1分
電話番号 02-2559-6356
営業時間 月~土曜 11:30~20:30、日曜 12:00~20:30

1/2ページ

最終更新:9/21(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。