ここから本文です

紅葉が美しい皇居東御苑を散策し ありし日の江戸城に思いを馳せる

CREA WEB 9/21(水) 12:01配信

Magnificent View #1086皇居東御苑(東京都)

 皇居東御苑は旧江戸城中核の跡地に作られた庭園。戦前まで一般市民の見学の機会は限られていたが、現在は入園無料で一般公開されている、都会のオアシスでもある。

 東京ドームの4倍以上もある広大な敷地内には、江戸城の名残がそこかしこに。1657年に明暦の大火で全焼した天守閣の跡地は天守台として残り、大奥があった本丸跡を見渡す展望台となっている。

 忠臣蔵の「殿中でござる!」で有名な松の廊下があった場所には石碑が。そのほか、鉄砲隊が睨みを利かせていた検問所の「百人番所」、倉庫や防御の役割を果たしていた「富士見櫓」など、江戸時代から現存する建造物もある。

 ここは都会の真ん中で、江戸時代の面影を感じられる場所。秋には雑木林が色づき、紅葉の名所としても知られている。

芹澤和美

最終更新:9/21(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。