ここから本文です

秋の味覚「きのこ」の旨みを味わう 忙しい平日にもう一品のヘルシーレシピ

CREA WEB 9月21日(水)12時1分配信

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「きのこ」のマクロビレシピ

きのこと厚揚げの旨煮

「きのこ」は秋の味覚の代表格です。

 豊富に含まれるビタミンB2による美肌効果があり、ストレスに強くなるホルモンの合成を助けたり、がん予防にも効果があるといわれています。そして女性にはうれしい、冷え性改善効果も!! これから冬に向かう身体作りにはかかせない食材です。そんなきのこを上手に食べるマクロビポイントは「しっかり火を通して食べる」こと。

 今回は昆布出汁に合わせて、しめじとエリンギの旨みで厚揚げを煮込み、葛粉でとろみをつけた温かい煮物のレシピをご紹介します。短時間でお鍋ひとつでできる上、ボリュームもありメインのおかずになりますので、忙しい平日メニューのレパートリーにも是非どうぞ。

 寒い日の夜に、体を温めるきのこの旨みたっぷりの煮込み料理はいかがですか? 

旬の食材/「きのこ」の詳細

「きのこ」のマクロビレシピ

■材料(4人分)
・厚揚げ:300g
・しめじ:50g
・エリンギ:50g
・昆布出汁:250cc(水250cc、昆布・切手2枚分くらいの大きさ)
・醤油:大さじ1/2
・味りん:大さじ2
・塩:小さじ1/2
・葛粉:大さじ1/2(同量の水で溶いておく)
・銀杏(水煮):8粒

■作り方
(1) 昆布は水につけて30分以上置き、弱火で沸騰直前まで温めて引き上げ、出汁を取る。

(2) 厚揚げは熱湯にくぐらせて油抜きをする。
(3) しめじは小房に、エリンギは長さを半分にカットし、2~3ミリ厚にスライスする。
(4) 昆布出汁に味りんと厚揚げ、きのこを入れてひと煮立ちさせた後、塩、醤油を加えて更に煮立たせ落とし蓋をしてから、弱火で10分ほど煮る。

(5) 銀杏と水溶き葛粉を全体に回し入れ、とろみをつける。
(6) 器に盛り付けていただく。

※昆布出し汁は加熱せずに、水につけたまま一晩置いても良い。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)12時1分

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年10月号
9月7日発売

定価780円(税込)

“楽しくて心地よい”が大事
がんばらなくてもきれいになれる。

“免疫美容”のススメ
菅田将暉「10年後の僕に」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]