ここから本文です

中村勘九郎「花咲いた日になりました」 大竹しのぶは大島優子に「最初は怖がっているのかと思った」

エンタメOVO 9/22(木) 15:19配信

 映画『真田十勇士』初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也、大竹しのぶと堤幸彦監督が出席した。

 この映画は、天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜け”の武将だという大胆な発想で描くエンターテインメント作。霧隠才蔵を演じた松坂は「とてもロマンの詰まった、新しい歴史の1ページが作られたなという感じがしています」と手応えを語った。

 現在は舞台「真田十勇士」も同時に上演中で、猿飛佐助役の勘九郎は「大勢の方が来てくださったことがうれしいです。真冬の撮影でスケジュールも厳しく、スタッフ・キャストともども過酷な状況でやっていたのでそれが本当に花咲いた日になりました」と喜んだ。

 また、劇中で秘めた思いを抱く淀殿役の大竹、くノ一・火垂役の大島には実際に秘めた思いを抱くほどの魅力的なキャストが問われた。さっそうと望月のそばに寄り、手を取ってステージ中央まで連れ立った大竹は「撮影のときはもっとちっちゃかったのに、いつの間にかこんなに大きくなってすごいなと思いました。どんな役者さんになりますか?」と問いかけると、望月は「本当に、頑張ります」とはにかんだ。

 一方、「どうしたらいいの」ときょろきょろキャスト陣を見渡す大島には堤監督が助け舟を出し、耳打ちされた内容に納得した様子で大竹に抱きつくと「撮影でご一緒できて幸せな時間でした。目の前で寝ている大竹さんの寝顔をずっと観察している時間が楽しかったです」と“告白”した。大竹も「最初は怖がっているのかと思ったけど、そろりそろりと近づいていっていろいろ話して仲良くなりました」と相思相愛ぶりを見せつけていた。

最終更新:9/22(木) 15:19

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

なぜ今? 首相主導の働き方改革