ここから本文です

中村アン、くびれに美脚…汗まみれ美ボディーあらわに

Smartザテレビジョン 9/22(木) 4:00配信

9月22日(木)よりオンエアされるABC-MARTの新CM「Reebok ZBELLE」にて、中村アンが肉体美を披露することが分かった。

【写真を見る】ウエストのくびれ、引き締まった美脚…美ボディー激写8選!

同CMは、中村が新作シューズ「Reebok ZBELLE」を履いてトレーニングをしている姿に密着した作品。メインのシーンでは、中村自身が普段から行っているという「クロスフィットトレーニング」のプログラムをトレーナー立ち合いの下撮影が進められた。

その中のランニングのシーンでは、カメラが回る前から「アップをしておきたいので軽く歩いていてもいいですか?」とやる気満々。

撮影が始まると、ビートの効いたアップテンポのBGMとともに、200mダッシュがスタートする。最初は余裕の表情で完走するも、60秒のインターバルを挟みすぐさま次のセットへ。最終セットでは苦しそうな表情を浮かべながらも、見事に走りきってみせた。

また、約14kgのダンベルを持ち上げながらのスクワットのシーンでは、監督からの「1セット 1分30秒でお願いします」という要望に、「1分30秒はさすがに無理ですよ(笑)!」と返しながらも、本当のトレーニングをしているような雰囲気の中、撮影が進められた。

撮影後、中村が、美しい肉体を作る秘訣(ひけつ)を語ってくれた。

――今回の撮影はいかがでしたか?

日頃、私が行っている「クロスフィットトレーニング」を撮影でもしましたが、普段やっているときのようにすごく自然にできたと思います!

――「クロスフィット」を続けてきて何か変化はありましたか?

最初は興味本位で始めたのですが、体が変わってくるのを実感できたので、すごくつらいんですけど続けてます!

――体重を落とすことだけを意識される女性はまだまだ多いかと思いますが、アンさんはトレーニングを始めてみてその辺の意識の変化はありましたか?

私は体重計が家に無くて、いつもデニム(のサイズ)で自分の体を測っていたので、数字に惑わされることが少ないですね。鏡でラインを見たり、特に「クロスフィット」をやることで体に線が入ったり、筋が入ったりもするので。あとトレーニング中は無心になれるのでストレス発散にもなるし、フィジカルもメンタルもすごく強くなるので、ラッキーなことがたくさん起こりましたね!

――今回のCMのコピーが「痩せるは変化。キレイは進化。」というメッセージ、アンさんはこのメッセージをどう感じられていますか?

「痩せたい、とにかく細くなりたい」と私も思っていましたが、キツイと思いながらもトレーニングなどを乗り越えると、気付いたときには着たかったワンピースがすっと入ったり、ふと鏡を見たときに「なんかすごくいい感じだな」と満足感を得られることがあります。

「キレイになったね」とか「かわいくなったね」と言われるとやっぱりうれしいものなんです。でも、そのためにはこうして汗を流して努力することが必要だということが今回のCMコピーに込められたメッセージだと思いました。

「私にはできない」とネガティブなことを思う方もいらっしゃるかもしれませんが、絶対みんな変われると思います!

――普段ランニングやトレーニングを行う際にこだわっているポイントや心掛けているポイントを教えてください。

気分を上げるためにも、ランニングシューズはすごく大事! 機能性も重視していまして選びますね。この「Reebok ZBELLE」は柔らかくて軽いし、履いていて気持ちいいですよ! 私服にも合わせやすいのでお薦めです。

――「Reebok ZBELLE」をどんなファッションで合わせたいですか?

ワンピースに「Reebok ZBELLE」を合わせるのがかわいいかなって思います! 上がAラインのワンピースでも、ピタッとしていても、カジュアルスタイルでも何にでも合いそうなのですごく着回しができそうですね。

――ご自身の体のパーツで一番気に入っているところはどこですか?

引き締まった足首は好きですね!

――「中村アンさんのような腹筋になりたい」という声が多くあります。その方々に向けてアドバイスをお願いします。

腹筋だけと考えずに全身のバランスがすごく大事なので、しっかり体を動かして、そのあとに体力や筋力がついてきたら、腹筋に特化していくとすごくより効率的に割れてくるのではないでしょうか!?

最終更新:9/22(木) 4:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。