ここから本文です

「バキューム吸引石」入りクリームで、そろそろ毛穴の大掃除

東京ウォーカー 9/22(木) 6:00配信

夏が終わると急に目立ち始めるのが「毛穴のブツブツ」。とくに鼻は他人の印象に残るだけにキレイにしたいものです。

【写真を見る】このクリームの中に、毛穴の汚れをギュワーンと吸い取る、重曹と吸引石が仕込まれているのです。



毛穴に詰まった黒いブツブツの正体は、古い角質と皮脂が混ざり合った「角栓」。これを上手に「ゆるめて」とりのぞくのが、毛穴ケアの基本となります。固くなった角栓をゆるめる方法は蒸しタオルやピーリング系のコスメを使うなど、いろいろな方法があるけれど、重曹パワーで毛穴ケアをする「毛穴撫子シリーズ」から新しく出た『毛穴撫子 小鼻つるりんクリームパック』も、なかなかすごそうなんです。



グレーのクリームに配合されているのは、角栓を溶かしてゆるめる「重曹」と、炭以上に油分を吸い取る力のある鉱物(吸引石)をパウダー状にしたもの。これを週に1~2回、毛穴の気になる小鼻等に塗りこんで5分放置したら、あとはふき取るだけで毛穴の奥からスッキリなるのだとか。毛穴ケアにありがちな、角栓をゆるめるための「マッサージ」の手間も必要ないから、時短で毛穴ケアしたいという人にもぴったりです。



手軽でお肌にやさしいのに、パワフルな毛穴掃除クリーム。デートや記念日などの前に試してみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/22(木) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。