ここから本文です

<それってどうよ>いつもおシェアになっております〈サンデー毎日〉

mainichibooks.com 9月22日(木)12時7分配信

 ◇OL400人は考える・それってどうよ!?467=池野佐知子

ワーキングシェア(仕事を分かち合うこと)が話題になることがありますが、コワーキングスペース(オフィスシェア)も注目されているようです。そういえば、若い人たちはすぐに「共有しましょう」と言いますよね。というわけで、今週は「私、コレをシェアしています」を聞いてみました。

   ◇   ◇   ◇

「学生時代や社会人2年生までは友達とルームシェアをしていたのですが、彼女が福岡に転勤になったので解消。でも、私はシェアハウスの心地よさが忘れられずに、本格的にシェアハウスに仲間入りしました。都内某所で男女各3人の6人(うち外国人2人=アメリカ人女性とイギリス人男性)で一緒に住んでいます。お風呂やトイレやリビングルーム、キッチンはシェア。ほか個別に部屋があります(私の部屋は12畳)。家賃は7万5000円。激安と思われます。全員元他人ですが、いまや家族のような存在。ひとりぼっちのクリスマスも仕事で失敗したときも大失恋のときも、寂しくありませんでした」(アパレル・27歳)

「部下というか新人クンを同期3人でシェアしています。3人に次から次へと仕事を命令されて、新人クンはてんてこ舞い。なのに『ボク、モテてる気がして日々やりがいがありますっ!』という愛(う)いヤツです。でも11月にこの重宝な新人クンがアシスタントから外れて独り立ち。カレがいないと何もできない私たち。11月が来るのが怖いです」(PR・28歳)

「湘南のアパート(2LDK)家賃8万6000円を4人でシェアしています。全員ほぼ週末にしか使わないのですが、2万2000円弱で湘南にアジトがあるのは気持ちいいです。この夏はほぼ毎週末に出かけて、サーフィンしていました」(コンサル・27歳)

「たまにドライブもしたいので、カレがカーシェアリングをしてくれています。月額1000円くらい払って、丸一日借りると別料金で8000円とか? 確か15分単位で借りられるんだと思います。都会に住んでいたら、車を持つよりカーシェアリングのほうが賢い選択かと」(飲料水・27歳)

1/2ページ

最終更新:9月22日(木)12時7分

mainichibooks.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

mainichibooks.com

毎日新聞出版

サンデー毎日 毎週火曜発売
週刊エコノミスト 毎週月曜

「mainichibooks.com」では
サンデー毎日、週刊エコノミストの
記事をご覧いただけます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]