ここから本文です

iPhone 7発売直後の今こそ「6sを買う理由」

R25 9/22(木) 7:00配信

9月16日に発売されたiPhone 7。防水・防塵仕様になっていたり、非接触型ICカード技術「FeliCa」に対応していたりするなど、機能面で格段レベルアップした端末で注目度も高い。しかし、その一方でこの時期にひとつ前の機種となる「iPhone 6s」を購入する人も少なくないようだ。

ツイッターでは、こんな投稿を見つけることができた。

「本日付けでiPhone6から6Sに機種変更。 7が嫌でもう一度6にしようかと思ったのですが入荷してないとのことで泣く泣く6Sに」

「iPhoneを5cから6sにしました。7ではない」

「うあああああ新しいiPhoneになった!6s!ついにわたしに文明が訪れた…!!!」

いずれも9月16日以降の投稿だが、iPhone 7ではなく、iPhone 6sを購入しているユーザーが確かにいる。

では、なぜ今のタイミングでiPhone 7ではなく、6sを選んでいるのだろうか。ツイッターの投稿を探ってみると、

「携帯変えました! やっとって感じ。 変えて1時間は使いにくいと思ったけどやっぱiPhone使い易いね! バージョンは6sにしました。7は機種代、月代が6sよりも高かったのとハッキリ言って防水は要らんから6sにした!」

「そーいや値段で選んだけど、iPhone 6s Plus 128GBを購入。明日届くよー」

など、価格が安いという理由が多い。確かにiPhone 7/7Plusが7万2800円~/8万5800円~なのに対し、6s/6s Plusは6万1800円~/7万2800円~(すべて税別、32GBの場合)。こだわりが強くない人にとって、1万円は大きな差と考えられる。また、

「iPhone機種変更。現時点ではどう考えてもイヤホンジャックがないと使えないので6Sにしました」

「iPhone 7が出たのに6Sにしたよ、うちの旦那(笑) 確かにイヤホンジャックないのは不便だよね」

と、iPhone 7にはイヤフォンジャックがないことを理由にしたケースも。さらには、

「今更ながら、iPhone 6sデビューを決意した。 あと2年もすればiPhone 7sとか出てくるだろうしww 新型機はまだまだトラブル多そう」

と、新機能が多いiPhone 7に不具合が出ることを危惧して、購入を見送るというユーザーもいた。

たしかにiPhone 7は革新的なデバイスだが、今まで通りの機能で十分と考える人もいるだろう。価格面を考慮するならば、最新機種ではなく、既存の機種を選択するというのも、ごく自然な判断といえそうだ。

(小浦大生)

【関連リンク】

■iPhone 6sまたはiPhone 6s Plusを購入 - Apple(日本)

http://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone6s

■「iPhone 6s」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=iPhone+6s


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/22(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。