ここから本文です

音楽フェスに出現する「地蔵」 各地で問題化している

NEWS ポストセブン 9/22(木) 16:00配信

 音楽産業が全体的に縮小傾向にあるといわれるなか、複数のミュージシャンやバンド、アイドルが出演するイベントや音楽フェスは拡大している。盛況なイベント&フェス人気を反映して、それまで単独コンサート以外のステージには立たなかったミュージシャンが出演したり、バンド主体のイベントにアイドルが登場することも増えてきた。それとともに音楽フェスに初参加するファンも増え、各地で「地蔵」問題が勃発している。

「地蔵」とは、目当ての出演者をステージそばで見るために何時間も前から最前列付近に立ち続ける人たちのこと。ひいきの出演者が出てくるまで、目の前のステージで何が演じられても無反応で立ち続け、お地蔵さんのように微動だにしないことから皮肉を込めてそう呼ばれるようになった。複数の演者が順番に出演するフェスやイベントでは、最前列はそれぞれのファンに順番に譲りあうのがマナーなので、地蔵になるのは迷惑行為ととられる。

 もっとも、1997年の第1回からフジロックフェスティバルには毎年、欠かさず参加しているファンは「昔から地蔵はいました」と苦笑する。

「第1回のときも、メジャーでヒット曲を連発していたTHE YELLOW MONKEYのファンが地蔵になっていました。今年はBABYMETALのために6時間も前から場所取りする『ベビメタ地蔵が出現』と話題になりましたが、言われていたほど地蔵じゃなかったなあ。若くないから長時間、動けないだけだと思う。イエモン地蔵が出現した当時はSNSがなかったから、フェスへ行った人とその周辺しか知らなかったし地蔵もなかなか解消しなかったことを思うと、Twitterで拡散されるのがひどい地蔵への抑止力になっているかもしれないです」

 2013年のサマーソニック大阪にMr.Children(ミスターチルドレン)が出演したとき、ブルーシートを使ってまで場所取りする地蔵が出現した。しかし、SNSで大きな批判を浴びたことを反映してか、サマソニ東京では同様の地蔵は出現しなかった。翌年は、SEKAI NO OWARIのファンが地蔵を出現させた。彼らの場合は若年層のファンが多いため、単純に楽しみ方のバリエーションが少ないだけなのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:9/22(木) 16:00

NEWS ポストセブン