ここから本文です

山田孝之×白石麻衣(乃木坂46) 衝撃の初対談!なぜ今『闇金ウシジマくん』は“終わる”のか?

BEST TIMES 9/22(木) 20:00配信

9月22日(木)公開の映画『闇金ウシジマくん Part3』、そして10月22日(土)より公開となるシリーズ完結作『闇金ウシジマくん the Final』。'10年代を代表する怪作は、未だかつてないヘヴィ級の連作をもってフィナーレを迎える。LASTの方角に舵を切った主演・山田孝之と、そこで新たな魅力を放った白石麻衣の想いとはーー。

 

読者プレゼント用の生写真にサインを入れる白石麻衣を見て「青か…う~ん」とつぶやく山田孝之。「…使います?」「ううん、青だったら俺は何色にしようかなと思って」と遠慮と気さくが交錯したようなふたりは、ハードでコミカルな社会派エンターテインメント『闇金ウシジマくん』に共に出演している。

 

白石 『ウシジマくん』の山田さんは表情ひとつ変えないので、すごいと思って緊張していたんですが、実際はとても優しくてびっくりしました。

 

山田 え、優しくしました…? (笑)

 

白石 先程の会見でたくさんフォローしてくださって助かりました! 

 

山田 …だそうです。実は僕ら今日ほぼ初対面なので(笑)。白石さんの印象は静かな方だな~、普段何してるんだろうって…本とか読みます? 

 

白石 あまり読まないです。静かに見えるのは多分人見知りなので…。

 

山田 家では何してるんですか? 

 

白石 えっと、映画を観たり、音楽を聴いたり…。でも、外も出ます。

 

山田 音楽は何を聴きますか? 

 

白石 洋楽が好きなので、アッシャーとか、マルーン5とか、レッド・ホット・チリ・ペッパーズとかも好きですし…。結構幅広いです(照)。

 

山田 …だそうです(笑)。いいんじゃないですかジャンルに囚われないで。…すみません、取材中に勝手に(笑)。

 

 

「昔は閉じていたけど、最近生きることに前向きになって他人に興味が出てきた」という、山田の突然のインタビュアー化で場が和む。白石の指摘どおり、ウシジマを演じるときとは全くの別人だ。そして彼女も、今回は普段とはひと味違う役柄に挑んだ。

 

白石 『Part3』で私が演じているりなは、夢を追いかけるタレントさん。最初はもっとおとなしい子だと思ったんですが、前向きで積極的で、お金を見ると若干フラっとしてしまう感じですね主導権を握って行動を起こす場面もあるし、言葉も強めで上からだから、現場で監督さんとお話ししながら軌道修正しました。お芝居の経験の少ない私が、真逆のキャラクターを演じるのは難しかったけど、もっとお芝居したくなりましたね。

 

クランクイン初日、覚えてきたセリフが現場で全部変わり、一瞬のパニックの後に「これは乗り越えるべき試練だ!」と腹をくくったと笑う白石。これは山口監督のあるあるネタのようだが、ウシジマはキャラクターの性質上その“被害”に遭いにくいそう。

むしろウシジマ独特の間で俳優陣の動揺を拡げ楽しんだ様子すらある。試写を見た白石が、「内容は重いのにカウカウファイナンスは楽しそうでいいなと思っちゃった」と語る面白さは、そんなプロ同士の自由さから生まれたのかもしれない。

 

山田 お金、人間関係、上昇志向…観る人が自分に置き換えていろいろ考えられる作品と信じてやってきました。最初に原作を読んだとき、僕、重すぎて4巻で本を置きました。でもそのくらいヘヴィな闇が実社会にもあるし、映像ならではのポップさを活かして観やすく楽しく間口を拡げられた実感があります。だから、そろそろ終わらせてもいいのかなと思いました。

 

そう、この名作は、ドラマ『Season3』、白石が出演している映画『Part3』、そして10月22日(土)より公開される映画『ザ・ファイナル』の3連作で終わることになっている。それも、山田自身の提案で。

 

1/2ページ

最終更新:9/22(木) 20:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

なぜ今? 首相主導の働き方改革