ここから本文です

日本のトンネル技術がアジアとヨーローッパを海底で結んだ!

BEST TIMES 9/22(木) 6:00配信

日本の美点を振り返ろう!! そんなコンセプトで世界から絶賛されている、知っている様で知らない、日本の食・技術・カルチャー・経済を紹介する『世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』(Japan's best編集部:編)絶賛発売中。今回は本書の中でも世界を変える日本の技術を紹介します。! 

トンネルの長さ約13.6㎞、世界一深い海底下60mも走る大プロジェクト

    2013年10月、ヨーロッパとアジア両大陸を1本の鉄道で結ぶ海底トンネルが開通し、日本からも安倍首相らが出席して開通式が行われました。

 この海底トンネルは、全長76㎞の鉄道整備プロジェクト「マルマライ」の一環として、2004年にトルコと日本の合弁で着工したものです。マルマライというプロジェクト名は、大陸間の内海「マルマラ海」の名に、トルコ語で鉄道を意味する「ライ」を組み合わせたものです。

 ボスポラス海峡の海底を走るトンネルの長さは約13.6㎞。一部(約1.4㎞)は沈埋トンネルとなっていて、世界一深い海底下60mに埋められています。沈埋トンネルとは、巨大なコンクリートや鋼板でつくった函体を海底に沈めてつくられるトンネルで、建設したのは日本の大成建設です。

 

   大成建設には、国内の青函トンネルや本州四国連絡橋の神戸・鳴門ルートなどを建設した実績がありました。
    しかし、海に沈める沈埋函は幅15m、高さ8.8m、長さは最長で135m、重さ1万8000トンという巨大なもので、これを11個沈めて海水が入らないようにつながなくてはなりません。しかも、トンネルの両端から延びる地下トンネル部分はシールド工法が用いられ、沈埋函の部分とは海中で接合するという難工事でした。

 ボスポラス海峡は、深いところで水深60m、潮の流れは速く、流れも海峡の上と下では異なっていました。大成建設は1年がかりでボスポラス海峡海底と気候のデータを収集して分析、海流がもっとも穏やかになる時期に工事を進めました。

    「トルコ150年来の夢」といわれたプロジェクトが成功したのも、日本の高い建設技術のおかげ。

    島国ニッポンとしては、あっぱれな成果なのです。

 

『世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』より

文/Japans best編集部

最終更新:9/22(木) 6:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。