ここから本文です

すっきり、しっとり、ご縁……癒し効果のある言葉たち<疲れない!! 楽しいを感じて、話して、書けば、人生は◎>

幻冬舎plus 9月22日(木)6時0分配信

武田 双雲(書道家)

 人気書道家の武田双雲さんは、ポジティブシンキングについての書籍も数多く著しています。その武田さんが、「書く」ことで疲れを取る方法をお教えする新刊『疲れない!! 』の試し読みをお届けします。
最終回は、「書くことで気分を『すっきり』させる」について、本文より抜粋します。

 * * *

 この本でもたびたび触れていることですが、書道をやっていると日本古来の言葉の面白さを実感できます。とくに面白いなあと思うのは、癒し効果のある言葉ほど響きが美しく、その一方で英語などの外国語には訳しにくいものが多いところです。それだけ日本の文化に深く根ざした言葉ということだと思いますし、また我々日本人の精神が最後に行き着くところもそこなんだということなのでしょう。

 ここでは、そんな日本語ならではの響きが美しいと僕が感じている言葉の中から、疲れにも効く言葉を集めてみました。

 まずは「すっきり」。「頭がすっきりする」「気分がすっきりする」という使い方が代表的で、よけいなものがなく、気持ちの良いさまを表わす言葉です。

 「しっとり」は、「しっとりした女性」などのように人を形容する言葉として使えば、静かに落ち着いて好ましい趣のある様子。それが自然の風景などを描写するときに使われると、辺りが軽く湿った様子を表わす言葉になるところがいかにも日本的情緒を感じさせます。

 「ご縁」も、外国語には変換しにくい言葉ですね。ただの「縁」なら英語のチャンスなどにも近いのでしょうが、頭に「ご」がつくと特別な縁(えにし)を感じさせて、感謝と結びついた言葉になるんじゃないかなと思います。

 「謙虚」にも感謝のニュアンスが感じられて、心身のチューニングにはぴったりの言葉。ひかえめで慎ましいさまを意味しますが、消極的な態度とは違って、素直に相手の言うことに耳を傾けるなど前向きなニュアンスがあります。僕も大病をして以来、感謝の気持ちが増えましたし、謙虚にいろんな人のアドバイスに耳を傾けようと思うようになりました。

 というわけで、究極的には「健康」という字が一番かもしれません。「健」にも「康」にも「すこやか」という意味があり、さらにそれが肉体的な健康だけでなく、精神の働きやものの考え方が正常であるという点にも及んでいるところが重要です。心身が「健康」なら、「元気」に「ばっちり」生きていくことができます。

 ほかに、「志」「絆」「粋」なんていう漢字も、「しっとりと」味わいたくなる言葉ですね。

 「健康」と書くのは健康になるためではありません。言葉の響きからくるイメージと、書くという行為の癒し効果そのものによって、書いているときがすでに「健康」な状態なのです。言葉の意味を深く考えるのももちろんいいですが、単純に音の響きや字の形を楽しむのもいいでしょう。

 これが、何度も書に救われてきた僕の実感です。


■武田 双雲(書道家)
1975年、熊本市生まれ。東京理科大学理工学部卒業後、NTTに入社。約3年後に書道家として独立。NHK大河ドラマ「天地人」や世界遺産「平泉」、世界一のスパコン「京」など数々の題字を手がける。2013年度に文化庁から文化交流使に任命され、ベトナム~インドネシアにて、大使館主宰のさまざまなワークショップやパフォーマンスを行うなど、その活動は国内にとどまらず、海外に向けても日本文化を発信し続けている。『知識ゼロからの書道入門』『知識ゼロからの写経入門』(ともに幻冬舎)のほか、メッセージ集『たのしか』(ダイヤモンド社)、『人生に幸せ連鎖が起こる!  ネガポジ 変換ノート』(SBクリエイティブ)、『武田双雲の墨書七十二候』(朝日新書)、『武田双雲にダマされろ』『ポジティブの教科書』(ともに主婦の友社)、『いろはにほめ言霊』(KADOKAWA)など著書多数。
公式ブログ【書の力】:http://ameblo.jp/souun/
公式サイト:http://www.souun.net/

最終更新:9月22日(木)6時0分

幻冬舎plus

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]