ここから本文です

引っ越し費用が4分の1に?「フリーレント物件」が若者に口コミで広がる理由

週刊女性PRIME 9/22(木) 14:00配信

  賃貸物件を探した経験のある人ならフリーレントという文字を目にしたことがあるのでは? しかし、知らないという人も多いだろう。フリーレントとは、「賃貸住宅の賃料を一定の期間、免除する契約」という意味。また、賃貸住宅を借りる場合、初期費用として敷金・礼金・仲介手数料がかかるのが一般的だが、それが免除されるパターンもある。

 大家は空室をフリーレントにすることにより、入居率を上げることができる。一般的な期間は1~3か月とされているため、それ以降は家賃の支払いが発生し、大家も損をすることはない。

 大家がフリーレントに踏み切るのは「入居率は上げたいが、家賃を下げると既に入居している人たちから不満が出てしまう」という理由がある。まずはタダで住んでもらい、住み心地の良さを体感し長期的に入居してもらいたいのだ。

 実際に借りている人はどんな人が多いのか、フリーレント事情に詳しい不動産関係者に話を聞いた。

「利用者は学生などのお金に余裕がない層が多いですね。上京してきたばかりの大学生や、基本的にはワンルームですが、1人暮らしのOLには非常に魅力的だと思います」

 では、実際どんな物件があるのだろうか? とある賃貸情報サイトにはこのような物件情報が載っていた。

《吉祥寺築2年 駅から徒歩10分 家賃6.8万円 敷1礼0 フリーレント1か月》

 若者に人気の街、吉祥寺の築浅物件なのに初期費用が10万円以下で住めてしまう。敷2・礼2の前家賃とすれば4分の1だ。わざわざフリーレントにしなくても人気のありそうな物件だ。こんな好条件で住めると、今までのように借りるのが惜しくなってしまう人も多いという。しかし、なかにはこんな不動産屋も。

「フリーレントの住人を紹介すると、大家から不動産屋に仲介料が入るので、それをあてにした不動産屋も多くいます。ほとんどのフリーレント物件には、入居期間や中途解約の違約金などフリーレントに関する違約条項が定められているため、家賃発生月になったからといって退去はできませんが、まれにその違約条項がない物件もあります。その場合不動産屋は、住人に引っ越しを転々とさせて仲介料をもらい続けるのです」

 3か月ごとに引っ越しをするのは大変そうだが、不動産屋はどうやって住人を探すのだろうか。

「不動産屋の営業マンのおごりでターゲットの学生たちと飲み会を開催します。そこで“家賃に困っている人はいる? 初期費用をおさえて住める部屋があったらいいと思わない?”と問いかけます。もちろんみんな家賃は安くしたいと思っているので、食いつきはいいですね」

 こうして学生の間で口コミが広がり、利用者が増えているというケースもあるという。

 一方で、“フリーレント”と聞くと、物件に問題があったり、いわくつきだったりと想像しがちだが……。

「実際にはそんなことはありません。まだ広く知れ渡っていない言葉かもしれませんが、好条件の物件が想像以上に安く借りられる場合もあります。表向きにフリーレントとして出していない物件も交渉次第でフリーレントになる可能性もあるので、ダメ元でも不動産屋に問い合わせてみる価値はあると思いますよ」

最終更新:9/22(木) 14:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。