ここから本文です

家族仲が良くなるために大切な場所は、リビングと〇〇〇〇の2カ所

OurAge 9月22日(木)12時0分配信

「家族の仲がよくなるために大切なのは、まずリビングです」と、中国命理学研究家の林 秀靜さん。リビングは家族や客人が集まる団らんの場所。温かみがあり、くつろげる空間を作ることが大切だ。カーテンやカーペットの色を明るい色で統一したり、そうじを欠かさず清潔に保ったりという努力をしたいもの。

また、同様に注意すべき場所があるという。それはキッチンだ。
「『ちょっと置いておくだけ』と、キッチン道具をきちんとしまわないことも、家族仲に影響するのです。包丁などの刃物類が食洗機やお皿洗いの受け皿に放置したままになっていると、家の中が殺気を帯びます。その他のキッチン用品も出しっぱなしにしていると、人のエネルギーを奪います。そのため家族間の口論が増え、イライラが募りやすくなります。

頻繁に料理をする人であれば、フライ返しやお玉など、すぐに使う調理器具をフックで吊したり、入れ物に立てて入れても構いません。けれども、普段あまり使わない調理器具を、目に入る位置に並べておくのは、風水的に良くありません」

調理器具は、小さな調理器具、大きな調理器具と、大きさや用途に分けて収納しよう。
「引き出しや、扉収納など見えないところにかたづけ、すっきりさせることができれば、家族が穏やかに過ごすことができます」

リビングとキッチン。家族がなごやかな気持ちで暮らせる空間作りが大事ということだ。思い当たるところは改善してみよう。みんなが良い気持ちになれそうだ。

最終更新:9月22日(木)12時0分

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]