ここから本文です

広島・ジョンソン、52年ぶり外国人沢村賞投手なるか。野村と球団初同時最多勝の可能性も

ベースボールチャンネル 9/22(木) 11:00配信

現在15勝のジョンソン、野村と最多勝を分け合うか

 広島東洋カープ左右のエース、クリス・ジョンソンと野村祐輔が最多勝争いを繰り広げている。前田健太がメジャーリーグへ移籍し、シーズン前は不安視されていた広島の先発投手陣。その中で大きな柱となり、チームの25年ぶりのリーグ制覇に貢献した。21日の試合終了時点でのジョンソンと野村の主な成績は以下の通りとなっている。

◆今季のジョンソン、野村の主な投手成績(21日試合終了時点)

ジョンソン 25試合 15勝6敗 防御率2.13 勝率.714 奪三振数139
野村祐輔 24試合 15勝3敗 防御率2.82 勝率.833 奪三振数89

 現在、共に15勝と勝ち星の数で並んでいる。
 残り1試合ずつの登板が予想されるなか、最多勝のタイトルを分け合う可能性もある。同じ年に同一球団の2人が最多勝を獲得した例は過去に4度あるが、達成すれば96年の巨人・斎藤雅樹とガルベスが共に16勝を挙げて以来20年ぶり。広島では初めてのことになる。

 野村は最高勝率のタイトル獲得が確実。ジョンソンは最優秀防御率のタイトルを現在トップの巨人・菅野智之(防御率1.90)と争っている。ジョンソンは仮に残り1試合を9回自責点0で抑えたとしても、防御率1点台(来日1年目の昨季は1.85)に届くことはない。
 ただ、菅野の結果次第では2年連続となる最優秀防御率のタイトルを手に入れることができる。達成すれば球団の外国人投手では初となり、12、13年の前田健太以来2人目の記録となる。

外国人投手が沢村賞を獲得すれば52年ぶり

 ジョンソンは、先発完投型の投手に贈られる最高の栄誉「沢村賞」の筆頭候補でもある。受賞すれば、外国人投手としては1964年のジーン・バッキ―(阪神)以来52年ぶりの快挙だ。

 バッキ―は得意のナックルを武器に実働8年(阪神7年、近鉄1年)で100勝80敗という成績を挙げた右腕。日本でプレーした外国人投手で通算100勝以上を挙げたのは3人で、スタンカ(南海~大洋で100勝)、郭泰源(西武で117勝)と、このバッキ―だけだ。

 62年にテスト生で阪神に入団したバッキ―は、来日3年目の64年に29勝(9敗)を挙げて最多勝、防御率は1.89で最優秀防御率のタイトルを獲得。この年に沢村賞を受賞している。ジョンソンが受賞すれば、バッキ―よりも早い来日2年目での受賞となる。

 現在、沢村賞の選考基準7項目のうち、ジョンソンがクリアしているのは勝利数(15勝以上)、防御率(2.50以下)、登板数(25試合以上)、勝率(6割以上)の4項目だ。

 今季はここまで3完投、投球回数が173回1/3なので、完投数(10完投以上)と投球回数(200回以上)をクリアするのは不可能な状況であるが、奪三振数は残り1試合でクリアする可能性がある。

 現在、奪三振数は139個。奪三振数150個以上が沢村賞の選考基準となるため、残り11三振を奪えば到達する。13日の中日戦(ナゴヤドーム)では7回無失点、12奪三振の好投を演じて15勝目を挙げているだけに、可能性は十分にある。

 地元・広島で迎えるクライマックスシリーズファイナルステージでも活躍が期待されるジョンソン。本拠地マツダスタジアムではここまで8勝1敗、防御率1.79と相性抜群だ。文字通り球団史上最強の外国人投手になりつつある左腕は、チームを25年ぶりの日本シリーズ出場へと導く。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/22(木) 11:52

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革