ここから本文です

「とはいえ、今を楽しむことを忘れないで」。若いころに知りたかった、人生の5つの真実

ライフハッカー[日本版] 9/22(木) 19:10配信

Inc.:「若さは若者に与えるにはもったいない」という格言があります。なぜか? 若いころは、無尽蔵のエネルギーと衰えない熱意がありますが、知恵が欠けているせいで、それを使って何をすればいいのかを理解できないからです。

私たちの多くはそうした時代をなんとか切り抜けて来たわけですが、あとから振り返ったときに、若いころの自分に教えてあげられたらどんなにいいかと思う真実がいくつかあります。それを知っていれば、もっと幸福で、ストレスも少なく、将来の準備もうまくできたはずです。これらの大切な真実を、「あとちょっとだけ早く知っていればなあ」と思っている人が大勢いることでしょう。

サイト『Quora』は、さまざまな人生経験を積んできた大勢の人々が、体験や学びを質疑応答というかたちでシェアできるすばらしい場所です。とあるユーザーが投稿した「若いころの自分にしてあげたいアドバイスを1つあげるとしたら?」という問に対して、Quoraコミュニティから、すばらしい回答がたくさん寄せられました。

今回は、誰にでもあてはまりそうなテーマをいくつか選んで紹介します。

1. 今を楽しむことを忘れるな

あなたがまだ若いなら、未来にフォーカスし、少しでも自分の将来性を高めようと躍起になるのも無理からぬことです。しかし、何人かの回答者は、未来ばかりを見ていると今を楽しめなくなってしまうと警告しています。今、ここにあるのがあなたの人生です。いつも先のことばかりを考えていたら、あまりに多くの喜びを逃してしまうことになります。

「未来に生きるのをやめ、今日を楽しむことです」とウェブ開発者のRamon Carrollさんは話しています。「もちろん、計画を立てるのはOKです。でも、計画を立てたら、一度それを脇において、今やるべきことに集中してください。目の前のことをただ楽しんでください」

「誰もが、すぐに何かにハマり込んでしまう。それは競争かもしれない。あるいは仕事かもしれない。でも、ときどき立ち止まり、呼吸することを思い出して。自分を振り返り、今を楽しむことを忘れないように。そうすれば、もっと幸せを感じられるようになるから」と、企業のCEOのNelson Wangさんも話しています。

1/3ページ

最終更新:9/22(木) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。