ここから本文です

福原愛が結婚会見で現役続行を表明「新しい道を切り開く」

女性自身 9/22(木) 1:34配信

“愛ちゃん”で親しまれる卓球女子日本代表の福原愛選手(27=ANA)が21日、都内で会見を行い、台湾の卓球リオ五輪代表・宏傑選手(こう・こうけつ/27)との結婚を正式発表。この日は江選手も登壇し、幸せなツーショットを披露した。

白を基調としたあでやかな花柄の振袖姿で登場した福原は「9月1日に江宏傑さんと入籍させていただいたことを報告させていただきます。小さい頃から日本中の方に支えられて今日があります。皆さまに感謝しています」と挨拶。

つづけて「いい機会だと思いましたので、ご紹介させてください」と江を呼び、ツーショットを披露した。江は「はじめまして。今日はよろしくお願いします」と日本語で挨拶し、ふたりの薬指に光る結婚指輪について「愛ちゃんのためにデザインしたオリジナルリングです。世界に1つだけの指輪、愛のシンボルです。卓球をモチーフにしていて小さなボールがあしらわれています。私たちを結びつけたものです」と語った。

福原は「女性アスリートとして、結婚してプレーを続けている人は少ないので、女性アスリートは夢を諦めなくてはいけないのかなと思っていました。でも、諦めないで頑張ることも可能かなと思えた」と話し、「“福原さんは結婚しても卓球をしている”と新しい道を後輩のためにも切り開いていけたらと思っています」と東京五輪に向け現役続行を宣言した。

ただ、「24年間卓球を続けてきて、卓球の軸はできていますが、結婚して新しい家族、夫婦の軸はできていません。軸の基盤を固めてから卓球の軸に戻りたいです」としばらくは結婚生活を優先するつもりだという。

最終更新:9/22(木) 1:34

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)