ここから本文です

バルサに試練… アトレチコ戦でエースFWメッシが古傷の股関節痛再発で交代後、1-1で追いつかれる二重苦に

Football ZONE web 9/22(木) 8:10配信

前半41分にラキティッチ弾で先制も暗転

 リーガ・エスパニョーラ第5節、バルセロナ対アトレチコ・マドリードの強豪対決は1-1のドローに終わった。バルセロナは先制しながらも追いつかれ、エースFWメッシも負傷で途中交代するアクシデントに襲われた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 レアルを含むリーガ3強で今季初の直接対決となったこの試合、バルサは「MSNトリオ」をMFイニエスタらがサポートするお馴染みの4-3-3システムで臨んだ。一方で闘将ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレチコもMFコケとカラスコの前に、FWグリーズマンとFWガメイロの2トップが入る4-4-2システムを採用してキックオフを迎えた。

 試合は前半13分にはメッシがペナルティエリア外からのミドルシュート、同16分にはカラスコがペナルティエリア左に入り込んでの右足インフロントシュートを放つなど動きを見せたが、両軍は中央を厳重警戒し、最前線のグリーズマンまで自陣ゴール前に戻るアトレチコの守備をバルサがサイドを起点に崩そうとする構図が続いた。

 膠着した展開を破ったのは同41分、司令塔イニエスタのクロスからだった。左CKの場面でボールを受けたイニエスタがショートコーナーでアトレチコの一瞬のスキを突いてゴール前に鋭いクロスを上げると、MFラキティッチがタイミングよく走り込んでフリーでヘディング。絶大な勝負強さを誇る相手GKオブラクが一歩も動けない一撃でバルサが先制に成功し、1-0で前半を折り返した。

 後半は開始直後にグリーズマンがハーフライン上からのドリブルシュートを放つなど、アトレチコは前半と比べて高い位置でプレーする姿勢を見せた。対するバルサは同6分にMFブスケツを早々に代えてMFアンドレ・ゴメスをアンカーに投入する策に出た。

メッシ離脱ショックか…痛み分けに終わる

 だが、同10分頃にはメッシの抱えていた爆弾が煙を上げる。アルゼンチン代表の活動中で表面化し、かねてから状態を懸念されていた右足付け根を抑えて痛みを訴える。数分後にはピッチに座り込んでしまい、同13分にはMFアルダ・トゥランとの交代を余儀なくされた。

 シメオネ監督はメッシ交代と同じタイミングでMFコレア、FWフェルナンド・トーレスを同時投入すると、その直後の同16分に流れが変わる。素早いリスタートからDFジェラール・ピケの股を抜けるとコレアのもとへ。対応に当たったDFマスチェラーノがスリップしたことでコレアはフリーとなり、ゴール左隅へとシュートを決めて、アトレチコが1-1の同点に追いついた。

 エースの離脱と同点弾というダブルショックがのしかかったバルサは、同29分にゴール正面約21メートルの位置でFWルイス・スアレスが倒され直接FKのチャンスを得る。このチャンスにネイマールがキッカーを務めたが、シュートは壁に当たり阻まれた。同37分には右サイドで得たFKでネイマールのクロスをピケがヘッドで合わせたがゴールわずか右に逸れた。

アトレチコも同43分にセットプレーからDFゴディンがヘディングシュートを放ち、バルサGKテア=シュテーゲンが何とかセービングするなど抜け目なく勝ち点3を狙った。しかし両チームともに決定打を放てずドローでタイムアップの笛を聞いた。この試合の前に行われた首位のレアル・マドリードが引き分けたが、両チームともに勝ち点差をつめることはできず。そして、追いつかれたバルサはスーパーエースの古傷再発という二重苦に見舞われることになった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/22(木) 8:15

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革