ここから本文です

入団以来9年連続50試合以上登板、日本ハム・宮西は球界屈指のセットアッパー

ベースボールチャンネル 9月22日(木)16時30分配信

今季は最優秀中継ぎ投手が当確

 日本ハムファイターズの宮西尚生が、9年連続50試合以上登板を達成した。
 2007年に大学生・社会人ドラフト3巡目で、日本ハムに入団。入団1年目の2008年から9年連続で、50試合以上登板を果たしている。

 この間に230ホールド、254ホールドポイント、通算防御率は2.39だ。今季も9月20日試合終了時で54試合に登板。3勝1敗1セーブ、37ホールド、40ホールドポイント、防御率1.66をマークし、初の最優秀中継ぎ投手が当確だ。

 年間50試合と言えば、全試合の3分の1以上に登板していることになる。これを9年連続で記録するのは並大抵のことではない。

 NPBで5年以上連続シーズン50試合以上登板の投手を挙げてみた。


■15年連続 

 岩瀬仁紀(中日) 1999-2013

■9年連続

 秋山 登(大洋) 1956-1964

 山口鉄也(巨人) 2008-2016 ※継続中

 宮西尚生(日本ハム) 2008-2016 ※継続中

■8年連続

 金田正一(国鉄) 1954-1961

 米田哲也(阪急) 1959-1966

■7年連続

 橋本武広(西武) 1995-2001

 武田 久(日本ハム) 2006-2012

■6年連続 

 吉田修司(ダイエー) 1998-2003

■5年連続

 小山正明(大阪) 1956-1960

 龍 憲一(広島) 1962-1966

 伊藤敦規(阪神) 1997-2001

 藤田宗一(ロッテ) 1998-2002

 永川勝浩(広島) 2005-2009

 押本健彦(ヤクルト) 2008-2012

 小山伸一郎(楽天) 2008-2012

 平野佳寿(オリックス) 2010-2014

 増井浩俊(日本ハム) 2011-2015

山口は9年連続60試合登板が間近

 中日ドラゴンズの岩瀬仁紀がずば抜けた成績だ。NPB最多セーブ402を記録するだけのことはある。

 続いて9年連続で同記録を達成している選手が3人いるが、中でも読売ジャイアンツの山口はあと1試合登板すれば、9年連続60試合登板という前人未到の記録になる。これまでチームを支えてきた鉄腕も今季は不振にあえぐが、クリアするのではないか。

 宮西は2位タイだが、他の投手がセリーグなので、パの新記録となる。これまでのパ記録は阪急・米田哲也の8年連続だった。

 このランキング内には秋山登、金田正一、米田哲也、小山正明と昭和中期の大投手が並ぶ。これらの投手は先発で30~40試合投げて、ローテーションの間に救援投手としても投げて記録したものだ。今とは異質の野球だったといってよい。


 70年代以降、そういう「鉄人投手」はいなくなったが、90年代に入って救援専門のセットアッパー、クローザーでこの記録をマークする投手が出てきた。
 投手陣の分業が明確になったということだろう。

 宮西のデビューから9年連続50試合登板は、岩瀬仁紀の15年に続く2位。通算ホールド数230も山口鉄也に次ぐ2位だ。

 すでに宮西はパリーグ史上最高、球界でも山口と並ぶ球界を代表するセットアッパーだ。どこまで記録をのばすだろうか?

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9月22日(木)16時30分

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]